産後の抜け毛にヘアカラーはNGだが、タイミングで被るリスクが違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%afng%e3%81%a0%e3%81%8c%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a7

産後に抜け毛が多くなると、ヘアカラーは控えたほうがいいと思う気持ちはあるけど、「キレイでいたい!」と願う気持ちが以前より増すのは当然ですね。

妊娠中は女性ホルモンに守られて美しかった髪が、ツヤやハリがなくなってしまい、さらに髪がどんどん抜けるという、出来れば避けたい状態ですから、ヘアカラーでイメージアップを願いたいもの。

しかし、ヘアカラーで頭皮にダメージを与えれば、抜け毛がさらに増えて薄毛になるのでは?といった心配も捨てきれない。

授乳中であることも考えれば、諦めるしかないと思っているママも多いことでしょう。ヘアカラーはいつまで我慢すればいいのか?ヘアカラーのタイミングにより被るリスクをまとめてみました!

スポンサードリンク

産後すぐのヘアカラーはOK?

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%afng%e3%81%a0%e3%81%8c%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a7

およそ7割のママが産後の抜け毛に悩まされるといわれており、普通のことだから問題ないと捉える女性も多いため、産後すぐにヘアカラーを楽しむママもいます。

頭皮への影響

産後すぐは、女性ホルモンが大きく変化する時期、その変化にすぐには対応できず、ホルモンバランスが整わないときに大きな刺激を与えれば、肌は荒れやすくボロボロになります。

頭皮は肌の中でもとくに敏感。免疫力や代謝機能の低下から、かゆみやかぶれを起こしたり、カラーリング剤の強い刺激でピリピリ痛みを感じたりすることも。

以前までは、カラーリング剤に対してアレルギーがなくても、出産を機に体質が変わってしまう場合もあるため、産後すぐにヘアカラーで強い刺激を与えるのは、とくに危険ですね。

赤ちゃんへの影響

授乳中であれば、カラーリング剤が微量でも体内に入りこむため、母乳から微量でも赤ちゃんの体内に入りこんでしまうと、どのような影響があるのかはわかりません。

産後6ヵ月以上たったらOK?

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%afng%e3%81%a0%e3%81%8c%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a7

産後の乱れたホルモンバランスが整い始めるのは、出産してからおよそ半年といわれており、一般的には6ヵ月くらい経てばヘアカラーしても大丈夫といわれていますが…。

ただし個人差があるため、6ヵ月たっても抜け毛がおさまらずという女性も多いので、自身のカラダの状態も考慮したほうがいいですね。

頭皮への影響は人により異なる

一般的にはホルモンバランスが整い、抜け毛も落ち着く時期なので、カラダは妊娠前の状態にもどり、頭皮に大きな負担とならない。ヘアカラーをしても大丈夫な目安ですね。

あくまで一般論であって、「産後に体質が変わってしまった!」「頭皮が荒れている!」といった人は控えたほうがいいですし、抜け落ちた毛穴から生え始める時期なので、ガマンできる人は1年くらい控えたほうが無難です。

方法にも注意

市販のカラーリング剤を用いて自分で染める、もしくは知人に染めてもらう、というのはやめましょう。

そもそもカラーリング剤そのものが頭皮に悪いですから、頭皮に付かないようにヘアカラーするのはプロの美容師でも難しい技術。

素人がおこなえば、化学物質がたくさん頭皮に付いてしまうのは必然。さらに市販のカラーリング剤はだれでも簡単に染められるように、強い薬剤が含まれています。

産後のヘアカラーは必ずプロにお願いしましょう。

産後のヘアカラーのリスク

ヘアカラーの行為自体が様々なリスクを引き寄せますが、とくに抜け毛がさらに増えて、赤ちゃんへの影響が大きなリスクですね。

産後に抜け毛が多くなるのは、妊娠中に女性ホルモンの影響で抜けなかった毛が産後にまとめて抜けるから。

これはいたって健全なことですから、特に問題視することはないですが、産後はホルモンバランスの乱れから、頭皮が乾燥しやすく荒れやすくなっています。

その頭皮に悪影響でしかないカラーリング剤がつけば、痒みやかぶれから炎症を起こして、さらに抜け毛が増えます。

また、授乳中のママであれば、カラーリング剤に含まれる様々な化学物質が体内に入り、母乳を通じて赤ちゃんの体内に入る危険性もあるため、注意が必要ですね!

こちらも一緒に読まれています

意外と知らない出産後に抜け毛が酷くなる原因!

抜け毛が深刻化するヘアカラー!意外と知らない皮膚障害の事実!

ヘアカラー剤による頭皮の痛みと抜け毛、育毛に大切なのはコレ!

出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!

薄毛になる女性の髪型の特徴と、薄毛対策におすすめの髪型!

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

ツボクラ

ツボクラ遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

チャップアップ

Archives

ページ上部へ戻る