授乳中の抜け毛対策に欠かせない栄養素と摂り方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
%e6%8e%88%e4%b9%b3%e4%b8%ad%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ab%e6%ac%a0%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0%e3%81%a8%e6%91%82%e3%82%8a%e6%96%b9

産後まもなく、抜け毛に悩まされる新米ママも多いことでしょう。

ただでさえ慣れない育児で身も心も疲れているのに、排水溝にたくさんの抜け毛がたまるとかなりショックですね。

しかし、自分のことより赤ちゃんが大事なので、母乳を与えているなら必要な栄養はしっかり摂らなくてはいけません。

ビタミンやミネラルは、ストレスを感じた時に体内で消費されるという特徴があり、体内の栄養素はどんどん消費されて、乏しい母乳になってしまいます。

その栄養不足がさらに抜け毛を増やす原因にもなるため、授乳中に積極的にとっておきたい栄養素と不足する原因をまとめてみました!

スポンサードリンク

授乳中に抜け毛が増えるのは?

授乳中に抜け毛が多くなるのは、妊娠中に抜けるハズだった毛が抜けず、産後に集中して一気に抜けるため。

それには女性ホルモンが大きく関わっており、妊娠中は胎児を守るために女性ホルモンが大量に分泌され、産後に正常分泌に戻るのでその影響が大きい。

女性ホルモンはツヤのある美しい髪にも働きますが、髪の生成にも大きく関わっているからですね。

しかし、抜け毛が酷くなるのはストレスや睡眠不足も関係しており、とくに栄養素不足は毛が抜けるだけでなく、赤ちゃんの発達にも悪影響。

抜け毛対策に欠かせないのは「タンパク質」「ビタミンB群」「亜鉛」「イソフラボン」など、赤ちゃんのためにも積極的にとっておきたい栄養素です。

抜け毛対策に欠かせない栄養素の働き!

%e6%8e%88%e4%b9%b3%e4%b8%ad%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ab%e6%ac%a0%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0%e3%81%a8%e6%91%82%e3%82%8a%e6%96%b9

タンパク質は毛髪の材料

毛髪はケラチンというタンパク質がほとんどを占めており、良質なタンパク質の摂取は必要不可欠。不足すれば、髪がやせ細ってしまいます。

タンパク質は牛肉や豚肉に多く含まれていますが、母乳トラブルを避け、赤ちゃんのためには、「鶏肉」「青魚」「大豆製品」「卵」が適しています。

 

ビタミンは髪の合成を助け、頭皮環境を整える

ビタミン類には間接的に髪の合成をサポートする働きがあり、特定の成分だけ摂るのではなく、バランスよく摂っておきたいですね。

食事などから摂取したタンパク質が、髪に合成されるにはビタミンB群が必要。細胞分裂をうながす働きもあり、細胞分裂によって生まれる毛にも影響します。

皮膚や粘膜の代謝にはビタミンAが必要。頭皮も皮膚の一部なので、荒れやすい頭皮を守ってくれます。

ビタミンEは若返りビタミンで血管の掃除屋さん。毛細血管を保護し、過酸化皮質を抑えて頭皮細胞の老化を防ぎます。

ビタミン類は果物や豚肉、納豆などの豆類に多く含まれていますが、とくに緑黄色野菜は必要なビタミンの宝庫なので、グリーンスムージーなども利用して上手に摂りましょう。

 

亜鉛などのミネラルが髪の合成には必要

体内に吸収されたタンパク質がアミノ酸に分解され、髪の成分であるケラチンに合成されるには、亜鉛は欠かせません。

ところが、亜鉛は体内に吸収されにくいという特徴を持ち、体内で消費される機会が多いミネラルですから、授乳中でなくても不足がちになります。

また、鉄分が不足しても酸素が運ばれにくくなるため、細胞分裂に支障をきたしますし、銅が不足すると白髪が増えます。

とくに育毛に重要な亜鉛は「牡蠣」「ナッツ類」「レバー」「卵黄」「納豆」に多く含まれています。

 

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする

授乳中に抜け毛が増えるのは、女性ホルモンが一気に減るためですから、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンの摂取は、抜け毛対策には欠かせない成分。

イソフラボンは大豆食品に多く含まれており、「納豆」「豆腐」「枝豆」「きな粉」などを積極的にとりましょう。無理なく簡単にとるには、ハチミツを少し入れたきな粉牛乳がおすすめです。

必要な栄養素と量を体内に取り込むのは大変!

%e6%8e%88%e4%b9%b3%e4%b8%ad%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ab%e6%ac%a0%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0%e3%81%a8%e6%91%82%e3%82%8a%e6%96%b9

栄養はバランスよく摂らなければ、体はぽっちゃりしてきても、カロリーオーバーで栄養不足というケースが多く、産後に肥満で悩まされるパターンですね。

これでは赤ちゃんに与える影響が心配。よくあるのが脂質の摂りすぎですが、体内のエネルギー代謝の効率が悪くても、抜け毛の増加や肥満の一因になります。

ビタミンやミネラルをバランスよく摂るのはもちろん、とり方にも注意しなければ、意外と体内に吸収されません。

ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンは過熱することで、成分が半減してしまう。さらに大盛り野菜サラダをたくさん食べたとしても、過剰な水溶性ビタミンは体外へ排出されてしまうため、毎日コツコツ食べなければほとんど意味がない。

逆に、脂溶性であるビタミンA、D、E、Kは、油と一緒に調理することで、体内に吸収されやすくなる特徴をもっています。

栄養素と量をしっかり体内に取り込むには、効率よく体内に吸収されるとり方にも注意するとともに、腸内環境も整えておきたいですね。

最後に!

授乳中のママは思いがけないストレスを抱えることが多いので、イライラしがちになり母乳が出なくなったりして、抜け毛だけでなく赤ちゃんの成長にも影響してしまいます。

母子ともに栄養バランスを崩さない為には1日30品目が理想。ですが、慣れない育児の負担とともに栄養のことも考えるとなると、なかなか難しいのが実情。

その手間や時間をバックアップしてくれるのが旦那様。と言いたいところですが、現実はそれも叶わず。

そういった場合、現実的なのがサプリメント。育毛サプリであれば、抜け毛対策に欠かせない栄養素がかんたんに摂取でき、その分赤ちゃんに時間を使えます。

育毛サプリといっても、1万円を超える高価なものから低価格のサプリまで様々ですが、しっかり抜け毛対策をするなら、女性用のこちらの育毛サプリがおすすめです。

こちらも一緒に読まれています

意外と知らない出産後に抜け毛が酷くなる原因!

出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!

産後の抜け毛はいつまで!体験談から分かった事もまとめてみた!

薄毛になりやすい女性の19の特徴!(生活習慣編)

薄毛になる女性の髪型の特徴と、薄毛対策におすすめの髪型!

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

ツボクラ

ツボクラ遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

チャップアップ

Archives

ページ上部へ戻る