更年期で眠れないと、なぜ抜け毛が増え薄毛になるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e3%81%a7%e7%9c%a0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa

閉経前後の10年におきる身体の不調は更年期障害といわれており、その症状や程度は様々。髪が抜け落ちて、分け目の地肌があらわになるケースもその一つ。

そういう方は、しっかり眠れないといった悩みも同時に抱えている場合が多いですね。

ある調査では、しっかり眠ることで更年期障害の症状が和らぐといったデータもあり、不快な症状の緩和と同時に、薄毛対策にも睡眠は大切な役割があります。

更年期は女性ホルモンの減少が原因だからといって、サプリメントなどで女性ホルモンを補っても抜け毛が多い状態が続いている人は、自分の睡眠について見直し、改善していきましょう!

スポンサードリンク

更年期が原因で睡眠障害となるケース

女性らしさを司る女性ホルモンは美しさだけでなく、様々なバランスも保っているため、更年期で女性ホルモンが減少すると、眠れない原因にもなり得ます

眠気の抑制や促進など、睡眠中枢にも女性ホルモンは大きな影響を及ぼすため、40代後半~50代前半の女性に、睡眠障害となってあらわれる事も。

ある調査によれば、更年期障害で「ほてり」や「のぼせ」「発汗」などの症状と同時に、「入眠障害」や「中途覚醒」といった睡眠障害も高頻度に出現するとのこと。

つまり、ほてりや発汗などの症状が強いと、睡眠障害も強くあらわれる傾向にあります。

睡眠障害が抜け毛や薄毛に影響する理由

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e3%81%a7%e7%9c%a0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa

毛髪が成長するのはご存知のとおり睡眠中。22時~2時の間が髪の成長するゴールデンタイムといわれるのはこの為。

髪だけのゴールデンタイムではなく、お肌にとっても同じですし、心身ともに癒してくれる時間帯です。

なぜなら、成長ホルモンが大量に分泌されるのは眠りはじめの3時間だから。この成長ホルモンがお肌の修復や、ストレスの軽減に作用するため。

成長ホルモンの刺激により、髪を成長に関わるホルモンも大量に生みだされるので、一般的に眠る人が多い22時から3~4時間くらいが髪の成長する時間帯。もちろん、成長ホルモンが増えれば女性ホルモンの改善にもつながります。

なかなか寝付けない「入眠障害」や、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」は、どうしても浅い睡眠となり、深く眠るに比例して大量に分泌される成長ホルモンが減ってしまうため、毛髪の成長が阻害される。

つまり、更年期で浅い睡眠を続けていると、抜け毛が増えたり細く弱い髪になったりします。

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

毛髪が成長する睡眠をしっかりとるには?

深い睡眠をとることで、「ほてり」や「のぼせ」「発汗」などの症状が和らぐという報告もあるので、更年期の悩みを抱えているなら、しっかり眠りたいですね。

しかし、女性ホルモンが減り自律神経が乱れて、睡眠障害を引き起こしているなら、睡眠を改善できないのでは?と思われる方も多いことでしょう。

睡眠の質を向上させることはたくさんあり、以下のことを実践すると今よりはるかに熟睡できます。

毎朝、太陽の光を浴びる

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e3%81%a7%e7%9c%a0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa

人間の体内時計は1日24時間ではなく実は25時間なので、太陽の光を午前10時までに浴びることでリセットされ、睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンが正常に分泌されることで、寝つきがよくなります。

 

お風呂はシャワーで済ますのではなく、湯船にしっかり浸かる

特に寝る1時間前が有効。人間の体は深部体温が急激に1℃下がると眠くなる特徴があり、いったん深部体温を故意に上げてやることで、体内では高くなり過ぎた体温を下げようと作用するため、一気に体温が下がり眠くなります。

 

夕食は21時までに済ます

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e3%81%a7%e7%9c%a0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa

食べた物の消化で臓器が働いていると、栄養が臓器に行ってしまいますし、日中はたらく交感神経が刺激され自律神経が乱れます。コーヒーや紅茶、緑茶、清涼飲料水などのカフェフィンを含むものは、夕方6時以降は控える。

ちなみに、緑茶や抹茶は大量にカフェインを含んでいますが、麦茶はノンカフェインです。

 

寝る前は強い刺激を避ける

寝る1時間くらい前からテレビやスマホを遠ざけることで、脳がリラックスして深い睡眠がとれる。刺激の少ない寝室環境も大切な要素です。

 

軽い運動をする

更年期で眠れないと、なぜ抜け毛が増え薄毛になるの?-6

まいにち習慣付けするのが最適ですが、どうしても忙しいと続かないので、週3日くらいでもストレッチやジョギングなどの運動を取り入れるだけでも、深く眠ることができます。

最後に!

眠れなくて体調がすぐれないとともに抜け毛が多いと、踏んだり蹴ったりでネガティブ思考に陥りがち。そんな時は、すべてを一変に解決したい気持ちを抑えて、まずは睡眠の改善からがおすすめです。

イライラするストレスを軽減してくれるのは深い睡眠ですし、人生の3分の1の時間を費やす睡眠には、それなりの理由があるのですから。

そのうえで、育毛サプリや育毛剤を利用すれば、不快なこの時期を乗り越えて、美しい元気な髪をなくすことはないですね。

⇒ 届いた育毛剤マイナチュレをレビューし評価してみた!

こちらも一緒に読まれています

更年期がひどい抜け毛を引き起こすのはなぜ?みんなが知っている原因と対策はこれ!

薄毛になる女性の髪型の特徴と、薄毛対策におすすめの髪型!

薄毛になりやすい女性の19の特徴!(生活習慣編)

更年期の薄毛をウィッグでカバーは大丈夫?その前に知っておくべきデメリット!

女性の薄毛治療には漢方薬?種類と効果をまとめてみた!

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

ツボクラ

ツボクラ遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

チャップアップ

Archives

ページ上部へ戻る