薄毛・AGA治療専門クリニックではどんな治療をするの?費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

男性の薄毛治療というと、その原因の90%以上はAGA(男性型脱毛症)なので、徐々にハゲあがっていくAGAの治療という事になります。

気になるのは、どのような治療をされるのか、またその費用は?

ネガティブな悩みだけに誰にも相談できず、ここがネックになって躊躇している間に、脱毛はお構いなしに進行していき、どんどん頭髪は薄くなってしまう人も多いですね。

育毛剤でも改善できる人はたくさんいますが、効果を示さない人がいるのも確か。クリニックでは、専門医による生活習慣などのアドバイスも受けられるため、その道の権威による指導なら納得して取り組めるのも、改善率が高くなる一因。

育毛剤などのヘアケア商品を利用しても、改善の兆しがみえない人はAGA治療選択の参考にして下さい!

【広告】

早期に治療を行うと費用が安くなる理由

そもそも治療できるなら進行してからでも、と考える人も多いでしょうが、今のところ完治できない脱毛症なので、フサフサ髪に復活したとしても、維持のために継続しなければならない。

進行した状態から、復活までに多くの時間を要すれば、それだけ多額の出費を伴う。早期に治療すれば復活までが短い期間で済むため、後は髪を維持するだけ。

髪の維持に有効なのが、脱毛を抑制するフィナステリド。商品名ではプロペシアが有名ですが、ジェネリック品も多くあり、維持するだけなら費用が安く済みます。

ちなみに、もう少し強力に脱毛抑制するのが、デュタステリドを有効成分とするザガーロ。こちらはフィナステリドより発毛効果が1.6倍、副作用が2.5倍です。

プロペシアは5,000~10,000円程度ですが、フィナステリド錠であれば、「湘南美容外科クリニック」で初回1ヵ月分が1,800円。

2回目以降は3,000円となりますが、それでも高価な育毛剤を利用するより安くなり、さらに初診料・再診料が無料です。(湘南美容外科クリニックの場合)

AGAクリニックでの治療法と費用の相場

薬治療

AGAの原因となる髪の成長を止めてしまうDHTは、5αリダクターゼの働きにより男性ホルモンが変化したホルモンなので、5αリダクターゼの働きを阻害する薬が処方されます。

それが、フィナステリドやデュタステリドを有効成分としている内服薬。国内でAGA治療薬として認可されているのが、商品名「プロペシア」「ザガーロ」。この他にも、ジェネリック品や商品名が違うだけで、有効成分が同じ商品が多数存在します。

脱毛を抑制するだけとはいえ、フィナステリドやデュタステリドだけで改善する人もいますが、発毛を促すにはミノキシジルがいちばん有効なので、ミノキシジルの外用薬や内服薬が一緒に処方されます。

また、各クリニックのオリジナル薬を処方する場合もあり、基本的には内服薬がメインの治療となります。

薬による副作用は少なからずありますが、専門医の指導のもとでの服用なので、個人で勝手に服用する場合よりも安心です。

知る限りでの最安値は、「湘南美容外科クリニック」のフィナステリド錠の初回1ヵ月分1,800円。2回目以降は3,000円です。

プロペシアの一般的な相場は、1ヵ月分5,000~10,000円

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーは、クリニックによって呼び名や含まれる成分が異なりますが、基本的には薄毛治療に有効な成分を頭皮に直接注入する施術。

内服薬より毛母細胞にちょくせつ働きかけることができるため、改善率が高く改善スピードも速い。そのうえ、局所的に働きかけるため内服薬より、副作用の頻度が低いというメリットがあります。

改善率と改善スピードを上げるために、オプションで薬治療とともに併用されることが多い。針を使わないノーニードルもあります。

育毛メソセラピーも薬治療同様に医療行為なので、発毛・育毛サロンでは治療が出来ないですし、一般の病院でも行っていない施術。

最安値は「銀座総合美容クリニック」のノーニードルメソセラピー(1回15,000円)です。

育毛メソセラピーの一般的な相場は、1回15,000円~80,000円くらい

 

HARG(ハーグ)療法

HARG療法は頭皮に成長因子(グロースファクター)をちょくせつ注入して、健康な髪が生えていた頃の毛包の再生を目指す施術。

回数を6~10回に分けて定期的に行うことで、髪の成長に欠かせない成長因子が十分に生まれ変わり、毛母細胞に直接はたらきかけて、髪の成長スイッチが入ります。

一定期間の治療が終了して乱れた毛周期が正常化すれば、持続的な効果を発揮します。

ミノキシジルやフィナステリドが服用できない女性の薄毛治療に用いられることが多いですが、男性でも副作用からミノキシジルやフィナステリドが服用できない人に効果的。

費用はクリニックによりまちまちですが、一般的に1回80,000~180,000円。

一例:HARG療法 6回90万円(税込) HARG療法 8回120万円(税込)

 

毛髪再生治療KERASTEM

薄毛先進国アメリカで生まれたKERASTEMは、臨床試験により有効性や安全性が確認されている最先端の毛髪再生治療。

自分の腹部や臀部などから脂肪を吸引し、それを濃縮幹細胞液に変化させて、あらゆる細胞に変化する幹細胞を頭皮に注入して、成長因子を促すというもの。

それにより、休止状態の毛包幹細胞を目覚めさせ、萎縮して髪が育たなくなった毛包でも正常化され発毛が促されます。

簡単にいってしまえば、自身の元気な細胞を髪がつくり出される細胞に変化させて頭皮に注入する施術。ですから、体への負担は極めて少ない。

毛髪再生治療のKERASTEMは、国内で唯一受けられるのが「聖心美容クリニック/毛髪再生外来」。

通常費用:1,500,000円 → 臨床モニター費用:200,000円

 

自毛植毛

後頭部や側頭部の毛を採取し、薄くなった頭皮へ植毛するのですから、確実に速く改善できるため、意外と多くの人が行っています。

ただし、仕上がり満足度が高いのは、やはり植毛ロボット「ARTAS」を用いた自毛植毛ですね。

湘南美容外科クリニック」であれば、仙台院、新宿院、大阪院、福岡院で植毛施術が受けられます。(公共交通機関の交通費も50,000円まで支給)

自毛植毛は、「よい植毛医なら天国、悪い植毛医だと地獄の苦しみ」といわれるくらい植毛医の技量に左右されるので、注意が必要。

薄毛先進国であるアメリカやイギリスなら豊富な経験をもつ植毛医がたくさんいるでしょうが、ここは日本ですから、後で苦しまないように、担当する医師に確認すべきことはしっかり確認しましょう。

・脱毛の診断を下し、その治療を勧めるのは誰か?

・脱毛治療のためのスキル(教育、訓練、免許、経験)がどのくらいあるのか?

・手術に関与するのは誰か?彼らの植毛手術を行うためのスキルと役割は?

・認定資格を持っていない人が、手術中に切開や採取、移植を行うことがあるのか?

・4に該当するなら、その人が実行しても法的に許可されているのか?

・手術に関わるすべての人が医療過誤保険に加入しているか?

モニター価格一例:500グラフト398,000円 1000グラフト698,000円湘南美容外科クリニック

最後に!

薄毛・AGA治療を専門とするクリニックといっても、すべての治療法を選択できるわけではないので、希望するクリニックの公式サイトで確認しましょう。

何事も早く行動する人は、あらゆることで成功しやすいですが、決して安い治療費ではないので、しっかり自分に合ったクリニックを見極めることが大切。

評判がよく、比較的費用が安く済むAGAクリニックの一例をあげると以下です。

湘南美容外科クリニック:薬治療・育毛メソセラピー・自毛植毛(4院のみ)

詳細⇒ 湘南美容外科クリニックの薄毛治療とは?特徴と治療の流れを紹介!

AGAヘアクリニック:薬治療

詳細⇒ 通院不要のAGAヘアクリニックとは?メリットと治療の流れを紹介!

銀座総合美容クリニック:薬治療・育毛メソセラピー

⇒ 薄毛患者に評価される銀座総合美容クリニックの特徴と治療の流れを紹介!

ヘアメディカル:薬治療

⇒ 薄毛治療満足度の高いヘアメディカルとは?特徴と流れを紹介!

 

こちらの記事も一緒に読まれています

髪がヤバイ!育毛剤でも効果が無かったらどうすればいい?

よく噛むことが薄毛予防!咀嚼回数の減少がハゲを助長する理由

頭皮が痛くて抜け毛が多い!薄毛男性ならケアしておきたいの原因と対策

生え際に細い毛、短い毛が目立ったらハゲの兆候?最大の対策は早めのこれ!

頭が臭くて抜け毛が多い!意外とやっているハゲ確率を上げる6つの原因!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る