同じ分け目は危険!牽引性(けんいんせい)脱毛症の原因と対策!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

女性がなりやすい脱毛症の中に「牽引性(けんいんせい)脱毛症」があります。

女性でもっとも多い脱毛症である「びまん性脱毛症」とは違い、分け目や生え際が薄くなるというもの。分け目の髪が細くなり、透けて見える地肌面積が多くなったり、生え際が後退しておでこが広くなったりといった症状。

近年、この脱毛症に悩む女性が増加しているようです。とくにロングヘアーで髪を結ぶことが多い女性は要注意ですね。

【広告】

牽引性脱毛症の原因!

牽引性脱毛症の原因は長期間おなじ髪を引っ張りつづけて、髪や毛根にストレスを与え続けているから。

まいにち同じ分け目で髪を結んだり縛ったりしていると、いちばん負荷がかかるところがいつも同じですから、強く引っ張っているつもりがなくても、髪や頭皮にとっては劣悪な状態。

どんなに丈夫な髪でも、ダメージを受け続ければどんどん蓄積されますし、耐え切れなくなって抜けてしまう。まだ成長期にある髪が引っ張られて、次から次へと抜けることでも毛根にダメージを与え続ける。

強く髪を引っ張れば、その分頭皮の毛細血管が圧迫され、毛根に栄養を含んだ血液がスムーズに運ばれなくなり、毛包の弱体化が進みます。

 

髪や頭皮に負担を強いる髪型!

同じ分け目は危険!牽引性(けんいんせい)脱毛症の原因と対策!?-1

・ポニーテール

・お団子ヘアー

・三つ編み

・エクステ

ロングヘアーの女性なら普通のヘアースタイルですが、常に同じ部位の髪に負担をかけないように注意することが大切。

強く結んでいなくても意外と髪は引っ張られていますから、分け目を少しずつずらしたり、定期的に髪型を変えたりすることですね。

また、様々な髪型にアレンジできるエクステはとくに注意。どうしても根元の止めてある箇所が引っ張られるので、髪が抜けやすくなります。

 

牽引性脱毛症の対策!

牽引性脱毛症は明確な原因があるのですから、まずはそれを取り除いて頭皮の緊張状態を緩和すること。逆にそのままストレスを与え続ければ、どんどん髪が薄くなっていきます。

ただ、原因を取り除くだけで改善するかといえば、体質や年齢によって改善に時間がかかったり、元通りに戻らない場合もあります。

その際、頭皮マッサージや育毛剤で硬くなった頭皮の血流を促して、弱体化した毛根を呼び覚ます必要があります。

 

最後に!

牽引性脱毛症は誰もがなり得る脱毛症ですが、なりやすい人とそうでない人がいるのも事実。もともと加齢から、毛根に元気がない人は髪が抜けやすいので、髪が長くなくても分け目から脱毛が拡がっていきます。

また、「びまん性脱毛症」を併発していれば、内的要因と外的要因により症状の悪化が著しくなります。詳細はこちら

⇒ 女性をむしばむ「びまん性脱毛症」に20代が悲鳴!その症状と原因とは?

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る