環状ホスファチジン酸(cPA)がミノキシジルの2.5倍の育毛効果!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これまでに数々の育毛成分が話題となっていますが、今回はヒト血液中の生理活性脂質の一種である「環状ホスファチジン酸(cPA)」が高い育毛効果を示したようです。

こういった場合、常に比較対象となる「ミノキシジル」。唯一、発毛効果をうたってもいい成分ですから、ミノキシジルの何倍の育毛効果として比較されます。

環状ホスファチジン酸は、このミノキシジルの2.5倍の育毛効果が確認された成分で、11月に国内化粧品会社によって商品化されるそうです。

【広告】

環状ホスファチジン酸(cPA)とは?

お茶の水女子大学 室伏きみ子名誉教授が発見した脂質で、ヒトを含むすべての生物に存在する生理活性脂質。

もともとは別の用途で研究が進められ、がん細胞の浸潤や転移を抑える作用、痛みを抑える作用、細胞を正しく分化させる働きがわかっています。

さらに、ヒアルロン酸の合成を増強する作用も認められ、育毛効果があることも確認された。

 

環状ホスファチジン酸(cPA)の育毛効果!

環状ホスファチジン酸(cPA)がミノキシジルの2.5倍の育毛効果!?-1

天然型の「環状ホスファチジン酸(cPA)」をヒト毛乳頭細胞に添加したところ、1~2日後に細胞が増えていることを確認。

毛乳頭細胞は、髪の生成工場である毛母細胞に発毛指令をだす働きがあり、この毛乳頭細胞の分裂が活発になれば、短くなったヘアサイクルをのばし、発毛を促せる。

また、発毛に大きく関わる繊維芽細胞増殖因子であるFGFも通常より3倍も増えたことが確認されている。

 

薄毛の男性約20人で育毛効果を検証!

「環状ホスファチジン酸(cPA)」の0.5%濃度水溶液を1~6ヵ月間、薄毛男性に塗布したところ、有効性が確認されたそうです。

しかし、すでにハゲあがってしまっている人には効果がないようで、肌でも発毛はしない。

 

最後に!

ミノキシジルの3倍の育毛効果があるとして脚光を浴びた「キャピキシル」は、今ではそういった文言が削除されていますから、「環状ホスファチジン酸(cPA)」を配合した育毛剤も2.5倍という表現は、公式サイトではなされないでしょう!

しかし、エビデンス(科学的根拠)があるのですから、私も含めた薄毛ユーザーとしては待ち遠しい育毛成分ですね!

参考サイト:http://sanshopharma.co.jp/cpa/index.html

こちらも一緒に読まれています

ハゲでもフサフサになる?希望の毛髪再生治療ニュース5選

横浜国立大学が毛包の大量生成に成功!つるっパゲ克服は何年後?

育毛キット「モンテカルロ」とは?うぶ毛を太毛にする秘密を探ってみた!

薄毛と食生活の密接な関係!世界トップ3のハゲ大国から判明

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る