髪がなくなってもフサフサになる?「サタデープラス」の最新医療情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

土曜の朝に放送している情報番組「サタデープラス」によれば、ハゲがいなくなる時代はすぐそこまで来ているそうです。

その他にも、「足が動かなくなった人でも歩けるようになる!」「薬を飲むだけでダイエットできる!」といった内容はすごい濃厚な内容。

これは薄毛治療の内容もすごい情報なのかと思い、期待して視聴していると、世界初の毛髪再生治療でした。見逃した人のために薄毛治療の最新情報についてまとめてみました!

【広告】

現代の薄毛事情!

今や、薄毛に悩んでいるのは男性だけの問題ではなく、女性にとっても深刻な問題。ですから、一般的にも関心の高い情報ですね。

成人男性に至っては4人に1人が薄毛といわれており、番組レギュラーの小堺一機、TKOの木下にとっても他人ごとではない髪の状態。

世界的にみても、日本の成人男性薄毛率は26%で14位、アジアではトップ。薄毛大国であるチェコやスペイン、ドイツは40%以上ですから、まだ日本は救われている感じがしますが、どちらにしても深刻な悩みと考えている人は数知れず。

⇒ 薄毛と食生活の密接な関係!世界トップ3のハゲ大国から判明

潜在的な需要はありますが、なかなかコレっという治療法が確立されていない分野なので、待ち遠しいと思っている人は多いことでしょう。

フサフサな髪を取り戻せるのは2020年?

すでに、生まれつき毛が生えていないヌードマウスを用いた実験では、黒い毛を生やすことに成功しており、人に実用化されるのは2020年ごろ。

この最新の薄毛治療研究に取り組んでいるのは、何かと話題になった「理化学研究所」。担当しているのは「多細胞システム形成研究センター」の辻孝チームリーダー。

毛が生えた研究結果を報告してから、世界中から問い合わせがあるのだとか。

なぜなら、現在は人への臨床研究中であり、仮にこの薄毛治療が確立されたとしても、その費用は1千万円越えになるという、なので研究に参加したいという人が殺到しているようです。

薄毛治療と育毛剤の違いとは?

髪がなくなってもフサフサになる?「サタデープラス」の最新医療情報!-4

番組では、この薄毛治療と育毛剤の違いについても触れており、どのように違うのかといえば、

育毛剤は、肥料をまいて今ある毛を育てることに特化した商品。

対して、この薄毛治療は毛の種をまく治療なので、毛がないところでも確実に生やすことが可能。

つるつる頭がボーボーになるメカニズム

毛が残っている後頭部の元気な毛を少しだけ採取、毛が育つ部位である毛包器官から2種類の幹細胞を採取して、それぞれを培養。その後この2つの幹細胞をくっつけると毛の種になる。

この種をちょくせつ頭皮に注入すれば毛が生えてくるというメカニズム。

この2つの幹細胞をくっつける作業はミクロレベルの手作業ですが、これは世界初の技術。

目指すところは、少ない毛包からたくさんの毛包の種をつくること。細胞の培養技術が進めば、10本の毛包から10,000本の毛包をつくることも可能になるそうです。

毛を生みだす器官である毛包が、機能しなくなって毛無しになった頭皮でも、強制的に毛包の種を植え付けるのですから、ボーボーの髪となるのです。

つまり、どこでも自由自在に毛を生やすことが可能となり、もともと自分の細胞だから副作用の心配も低い。これが実現すれば、確かにすごいですね。

また、似た研究はこちらでも行われています。

⇒ 横浜国立大学が毛包の大量生成に成功!つるっパゲ克服は何年後?

たった8円で育毛できる食材も紹介!

髪がなくなってもフサフサになる?「サタデープラス」の最新医療情報!-5

とはいっても、1千万円越えという費用が現実的ではないですね。しかし、たった8円で育毛できる「シナモン」も、番組では紹介されていました。

大阪大学の研究によれば、シナモンには毛細血管の老化を防ぐ働きがあるため、頭皮の毛細血管を強化すると薄毛の予防が期待できるというもの。

このシナモンについては、私個人もすでに5年以上前から知っており、実際にシナモンを週5日摂取しています。

経験では、最初に2週間で抜け毛が劇的に減りましたが、その後は通常の抜け毛に戻ったという感じ。

それでも、5年以上摂取し続けているためか、今も薄毛ていどのレベルを維持しています。もちろん、育毛剤も利用していますから、シナモンだけの効果ではないですが。

ちなみにシナモンの摂取量は、1日小さじ半分の0.6gを推奨。シナモンの効能や体験談の詳細はこちらでも紹介しています。

⇒ シナモンで髪が太くなる?毛細血管機能の向上が抜け毛も減らす!

最後に!

医療の進歩により、ハゲが克服できる時代はすぐそこまで来ているのは確か。

近い将来、逆にハゲは個性と捉える人が増えるかもですが、コンプレックスと捉えている人にとっては、待ち遠しい限りです。

治療費用が1千万越えといっても、たくさんの人が治療を受けさえすれば、どんどん費用も下がるでしょうから、それまで髪を諦めずに待ちたいですね!

こちらも一緒に読まれています

ハゲでもフサフサになる?希望の毛髪再生治療ニュース5選

環状ホスファチジン酸(cPA)がミノキシジルの2.5倍の育毛効果!?

育毛キット「モンテカルロ」とは?うぶ毛を太毛にする秘密を探ってみた!

よく噛むことが薄毛予防!咀嚼回数の減少がハゲを助長する理由

AGAって何だ?男性型脱毛症はコレが遺伝する!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る