薄毛と職業に関連があるのは当然、若ハゲ予防に必要なことはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄毛やハゲは遺伝的要因が大きいが、ライフスタイルも大きく影響するため、それを決める職業によって薄毛率が変化するのは当然ですね。

髪に不安がある就活生から、「ハゲになりやすい職業は?」

といった質問を就活がはじまってから複数頂いており、今さらですが職種別に薄毛率を示したアンケート調査をもとに、若ハゲ予防に必要なことをまとめてみました!

【広告】
育毛剤イクオス

薄毛と仕事に関する意識調査!

薄毛・AGA治療の「銀座HSクリニック」が行った調査でも、不規則なライフスタイルを強いられる職業が当然のように薄毛率が高い。

20~50代の男性400人を対象に、「薄毛と仕事に関する意識調査」を実施した結果は下記。

順位職業薄毛率
1位企画、マーケテイング66.7%
2位営業56.7%
3位技術職49.4%
4位その他47.5%
5位人事、総務45.6%
6位IT専門職37.5%

1「企画、マーケティング」という職業は、どうしても不規則なライフスタイルとなり、髪をいじめる条件がそろってしまう。

この職業はとくにやりがいを感じてガンバってしまう人が多いので、頑張るほど睡眠時間を削ったり、ストレスをため込んだりといったハゲに吸い寄せられる条件が整ってしまう。

TVにたまに映ってしまうディレクターなどに、薄毛の人が多いのもうなずけますね。

2「営業」も同様なことがいえるが、1位ほどライフスタイルの乱れはない。

それよりも、お酒を飲む機会が多いため、過剰飲酒とストレスが薄毛率を上げる要因ですね。

5~6位「人事、総務、IT専門職」は不規則な生活を強いられることが少ないため、ほかの業種と比べれば薄毛率が低い。

とくに「IT専門職」は仕事において自由がきくため、ライフスタイルが乱れたりストレスを抱えたりすることが圧倒的に少ない。それが薄毛率を下げる要因です。

ちなみに、「出世したいと思うか?」という問いに、「出世したい」と回答したのは薄毛の男性の60%。

薄毛ではない男性は52%ととなり、「仕事をガンバルぞ!」という人ほど無理をするから薄毛になりやすいです。

職業と薄毛率の関係からわかること!

薄毛と職業に関連があるのは当然、若ハゲ予防に必要なことはコレ!-1

・不規則なライフスタイルやストレスが薄毛にもっとも大きく影響する。

・その次くらいに過剰飲酒が影響する。

不規則なライフスタイルといっても何が悪いのか?といえば、ズバリ睡眠です。

一般的に睡眠は人生の3分の1を占めているわけですから、その睡眠には健康な身体を保つための役割があります。

日中の疲れをいやしたり、傷んだ身体を修復したりする成長ホルモンが分泌される時間帯。髪がすこやかに成長するためにも、この成長ホルモンが必要。

成長ホルモンの刺激により、発毛に関わる成長因子(グロースファクター)も生み出されるため、成長ホルモンの分泌を阻害する睡眠不足は、ハゲを加速させます。

ストレスも睡眠を阻害するため、十分な睡眠時間をとったとしても浅い睡眠となり、成長ホルモンの分泌が減ってしまう。同時に、自律神経やホルモンバランスを崩すので、血行不良やターンオーバー(細胞の生まれ変わり)の乱れとなる。

過剰飲酒や運動不足もとうぜん育毛には悪いですが、髪が成長するゴールデンタイムである睡眠がいちばん大切です。

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

若ハゲを予防するには?

薄毛と職業に関連があるのは当然、若ハゲ予防に必要なことはコレ!-2

「父親の髪がスカスカで自分も将来ハゲになるのでは?」

という方が「企画、マーケティング」という職業に就けば、若ハゲになる確率は確実に上がりますが、すべての人はハゲるわけでないのも事実。

抑えるべきポイントをしっかり守ればいいだけです。

・質の高い睡眠を心がける。

・過剰飲酒、寝酒はやめる。

⇒ 酒は抜け毛を増やす!アルコールが薄毛を加速させる3つの理由!?

・軽い運動を行う。

・眼精疲労を避ける。

⇒ 疲れ目によって生じる危険な抜け毛の予防!

・食事は3食おなじ時間に食べる。

・インスタント食品は避ける。

・リラックスを心がける。

⇒ ストレスが髪をダメにする!育毛に待ったをかける5つの原因!?

 

これらを守る事がむずかしい職業に高薄毛率となっているので、意外とむずかしいですが、一つより二つといった感じで守れば、それだけ薄毛確率は下がります。

あわせてこちらもチェックすれば、若ハゲにならないかも?

⇒ 薄毛、ハゲの前兆になり得る3つの症状!

⇒ 若ハゲになりやすい男の特徴9パターン!

最後に!

自分の経験からも、よく朝起きて疲れが残っているときは抜け毛が多くなり、寝酒を3日間ほど続けるだけでも大量の抜け毛を招くので、「睡眠、酒、ストレス」は3大脱毛要因と考えています。

若ハゲ予防という意味では育毛剤の利用も一つの考え。ただ、育毛シャンプーなるものには髪を生やす力がないことは覚えておきましょう!

おすすめの育毛剤はこちらで紹介しています。

⇒ おすすめ男性育毛剤比較ランキング!

仮に薄毛になっても、かっこよく見せることは可能です。

⇒ イケてる薄毛を演出するアゴヒゲ!キーパーツになる理由をまとめてみた

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る