育毛剤フィンジアと薬用ポリピュアEXを比較!おすすめはタイプで違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま現在、大注目されている育毛剤「フィンジア」と、長い間ユーザーに支持され続けている「薬用ポリピュアEX」のどっちが優れているのか?

配合されている成分から、得られる育毛効果を考慮して比較!コストも含めておすすめのタイプを考えてみました!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

フィンジアの特徴!

フィンジアの育毛パワーの源は「キャピキシル」、「ピディオキシジル」という新しい育毛成分のW配合。

どちらも育毛パワーが育毛ユーザーの間でマックスに期待されている。キャピキシルの先陣を切ったのは「モンゴ流Deeper3D」ですが、価格が高いうえ、頭皮への浸透力が低いという欠点もあり、あえなく人気急下降。

そこで満を持して登場したのがフィンジア。カプサイシンの毛穴を開かせる特徴を利用して、頭皮への浸透力を高めた。

さらに、「BOSTONスカルプエッセンス」にも含まれているピディオキシジルを高配合して、キャピキシル配合育毛剤の中ではもっとも安い価格で登場。

そういった経緯があり、注目されないハズがないですね。

育毛剤通常購入定期購入
フィンジア(FINJIA)12,800円9,980円
THE SCALP 5.0C15,000円10,000円
BOSTONスカルプエッセンス14,800円12,800円
モンゴ流育毛剤Deeper3D 13,860円なし

⇒ フィンジア(FINJIA)全成分を徹底解剖!価格を比較しても秀逸な育毛剤!?

ポリピュアEXの特徴!

長きにわたり人気を維持しているにはそれなりの理由があり、ポリピュアEXが選ばれる理由は、独自に開発された育毛成分「バイオポリリン酸」が要因のひとつ。

育毛指令をだす毛乳頭細胞に刺激を与えて、髪の生成工場である毛母細胞を活発にさせる働きがあり育毛をうながします。

育毛プロセスはしっかりしたものであり、実際に効果を得られている方が多いことから、ランキングサイトでも上位に推奨される育毛剤。

ただし高評価を得ている反面、良くない評価もあり、だれでも効果を得られやすい育毛剤ではないので、自分の薄毛の改善に効果を示すかは、実際に使用してみないと判らないですね。

もうひとつの人気の要因は価格にあり、1本で約2ヵ月使用できて定期購入なら6,800円で購入できる価格の安さです。

⇒ 薬用ポリピュアEXの人気の秘密を口コミ・成分から評価してみた!

脱毛ブロックはフィンジア!

脱毛をブロックするには、髪の成長を止めてしまう元凶ホルモンDHTの抑制が不可欠。フィンジアとポリピュアEXに含まれる成分を比較すると、

フィンジア…キャピキシル、ヒオウギエキス

ポリピュアEX…ヒオウギエキス

どちらにも含まれているヒオウギエキスは、男性ホルモンの過剰分泌を抑える働きがあり、男性ホルモンが変化したDHTの抑制につながります。

フィンジアに含まれるキャピキシルには、男性ホルモンをDHTに変換してしまう5αリダクターゼ(還元酵素)の働きも阻害するため、より脱毛を抑えられます。

遺伝的要因が大きい方は、5αリダクターゼの働きが薄毛に直結するため、とくにフィンジアが向いていますね。

育毛促進もフィンジア!

育毛をうながすには、血行促進により育毛指令をだす毛乳頭細胞の活性化も大切。頭皮の血流を改善して、育毛をうながす成分を比較すると、

フィンジア…キャピキシル、ピディオキシジル、褐藻エキスセンブリエキスビワ葉エキスヒキオコシ葉/茎エキス

ポリピュアEX…バイオポリリン酸、ニンジンエキス、センブリエキス

どちらも頭皮の血流改善成分が十分に含まれており、頭皮への浸透力も高めているため、差があるとすれば育毛を直接うながす毛乳頭細胞への働きかけ。

キャピキシルとバイオポリリン酸を比較すれば、ミノキシジルの3倍の育毛シグナルが確認されているキャピキシルが上。薄毛が進んでいる方はフィンジアが向いていますね。

コストでは圧倒的にポリピュアEX!

フィンジア…通常購入12,800円 定期購入9,980円 (約1ヵ月分)

ポリピュアEX…通常購入7,800円 定期購入6,800円 (約2ヵ月分)

コストでは、1ヵ月あたり3,400円という低コストのポリピュアEXですね。内容量もフィンジアの50mlに対し、ポリピュアEXは120mlですから圧倒的に安い。

ちなみに、どちらも使用できる期間は推定ですから、1回の使う量が多くなれば1ヵ月以下、2ヵ月以下になります。

初期の薄毛、薄毛予防という方には、低コストのポリピュアEXが向いていますね。

最後に!

頭頂部の薄毛なら、ポリピュアEXでも効果を得られる可能性はありますが、生え際から薄くなるM字ハゲタイプならフィンジアです。

遺伝から生え際にたくさんの5αリダクターゼ(還元酵素)が存在する方は、どうしてもその影響を受けやすいため、その対応に有益なのがキャピキシルを配合しているフィンジアだからです。

育毛剤は高価格なら良いというわけではないですが、この2つを比較すると総合力でフィンジアに軍配が上がります!

97-1

こちらも一緒に読まれています

イクオス対フィンジアの実感力、価格、諸々条件5つを比較!

育毛剤イクオスとポリピュアEXを比較!おすすめの理由はこれ

育毛剤イクオスとブブカを比較!おすすめの理由はこれ

生え際(M字ハゲ)に効果的な育毛剤はどれ?チャップアップとリアップX5プラスを比較!

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る