女性用育毛剤と男女兼用育毛剤の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現在ではたくさんの育毛剤があり、男女兼用の育毛剤があれば、女性用とうたった育毛剤もあり、何が違うのか疑問に感じている人も多いことでしょう。

男性であれば、女性用育毛剤では効果を得られない場合がほとんどですし、男性用育毛剤は女性が使えない場合もあります。

しかし、男女兼用育毛剤は女性が使っても全く効果がないわけではありません。女性用と男女兼用、この違いを紹介します!

【広告】

脱毛症の種類

女性用育毛剤と男女兼用育毛剤の違いとは?-1

まず、自分の薄毛はどんな脱毛症なのか、ある程度予測しないと育毛剤を使っても「全く効果なし!」になります。

男女では薄毛の症状が違ってくるのは、脱毛症の種類が違うから。

男性の場合、「AGA(男性型脱毛症)」が90%以上を占めているといわれており、遺伝的要因が大きい。

女性の場合、「びまん性脱毛症」が多くを占めていますが、その他にも「牽引性脱毛症」「分娩後脱毛症」「FAGA(女性男性型脱毛症)」などがあり、男性よりも原因となる脱毛症の種類が多い。

また、男女関係なく起きる脱毛症には、「円形脱毛症」をはじめ、「ひこう性脱毛症」「脂漏性脱毛症」「薬剤による脱毛症」などがあり、「円形脱毛症」や「薬剤による脱毛症」は育毛剤で効果は得られません。

女性に多い「びまん性脱毛症」と、男性に多い「男性型脱毛症」の原因の違いが、使う育毛剤の違いとなります。

⇒ 脱毛症の種類は?症状と原因をまとめてみた!

 

女性の多い「びまん性脱毛症」の原因

「びまん性脱毛症」とともに、「牽引性脱毛症」「分娩後脱毛症」「FAGA(女性男性型脱毛症)」も、薄毛となる大きな要因は女性ホルモンの減少。

女性ホルモンであるエストロゲンは、25歳ころをピークに減少に転じて、35歳ころになるとガクッと分泌量が減っていきます。

このエストロゲンには、髪の成長を助ける働きがあるとともに、しなやかな艶のある美髪に導くはたらきもあり、加齢とともに髪の艶やハリが失われていくのはこの為。

同時に健康な髪も育ちにくくなり、頭髪全体が細くなっていきます。

ただでさえ、毛根の活力が年々失われていくので、この時にストレスや睡眠不足、食事制限をしたダイエットなどが重なると、20代前半では問題が生じなかった事でも、頭髪全体が薄くなっていきます。これが「びまん性脱毛症」

また、髪が引っ張られる分け目などは、その部分の毛根にさらにダメージを与えてしまい、地肌が見えてくるなどの症状が「牽引性脱毛症」

そして、男性に比べて少ないものの、女性でも男性ホルモンが分泌されていますが、髪の成長もうながす女性ホルモン減少すると、抑えられていた男性ホルモンが相対的に過多となり、薄毛につながるのが「FAGA」

「分娩後脱毛症」も、妊娠でいったん女性ホルモンが増加しますが、出産後に女性ホルモンが元に戻るため、一時的に女性ホルモンが減少するために起きる脱毛症。

「分娩後脱毛症」は、一時的な抜け毛増加で終わるケースが多いので、一時的に薄くなっても自然に改善できる場合がほとんどです。

このように「女性ホルモン(エストロゲン)」の減少が、大なり小なり薄毛に関わっているので、女性用育毛剤には女性ホルモンを補う成分が多く含まれています。

⇒ 薄毛になりやすい女性の19の特徴!

 

男性に多い「AGA」の原因

女性用育毛剤と男女兼用育毛剤の違いとは?-3

「AGA」は、男性ホルモンが髪の成長を止めてしまうホルモンDHTに変換されて脱毛にいたる現象。

男性ホルモンがDHTに変換されるのは、5αリタグターゼ(還元酵素)の働きによるもの。

毛根に存在する5αリタグターゼの量と、男性ホルモンとの結びつきやすさは遺伝的要因が大きいため、ハゲやすい体質を受け継いでいると、AGAになりやすくなります。

もちろん、男性でもストレスや睡眠不足、ダイエットや運動不足などでも、男性ホルモンやDHTの代謝や消費される機会が失われるので、脱毛につながります。

つまり、遺伝的要因は大きいが、必ずしも遺伝だけとは限らないということです。

脱毛の元凶となるDHTを抑制するには、5αリタグターゼの働きを阻害するのがいちばん。「プロペシア」や「ザガーロ」が代表的なAGA治療薬ですが、女性は触れることすらNGです。

これらのAGA治療薬は、男性でも副作用が生じるケースがあるので控える人が多いため、DHTの抑制成分が含まれる育毛剤の利用が圧倒的に多いのでしょう。

⇒ AGAって何だ?男性型脱毛症はコレが遺伝する!

 

女性用と男女兼用の育毛剤の違い

基本的に女性用育毛剤のメイン成分は、女性ホルモンを補う事を目的とした成分。付け足すと、美容を重視した成分が含まれている女性用育毛剤もあります。

対して、男女兼用の育毛剤は、男性ホルモンの過剰をふせぐために女性ホルモンを補う成分も含まれ、さらにAGAの元凶ホルモンであるDHTの抑制成分も含まれています。

男女兼用育毛剤のなかには、髪の成長をうながす成分も含まれており、相対的に女性用育毛剤より価格が高くなります。

つまり、男性が女性用育毛剤を使っても効果を得るのは難しいですが、女性が男女兼用育毛剤を使っても、それなりの育毛効果が得られます。

ただ、女性にはDHTの抑制成分なんてほとんど必要ないですから、わざわざ価格の高い男女兼用の育毛剤を使うのは合理的ではないですね。

仮に夫婦で使うとしても、別けたほうが経済的ですし、結果的に満足度に繋がります!

こちらも一緒に読まれています

更年期の薄毛をウィッグでカバーは大丈夫?その前に知っておくべきデメリット!

更年期がひどい抜け毛を引き起こすのはなぜ?みんなが知っている原因と対策はこれ!

産後の抜け毛はいつまで!体験談から分かった事もまとめてみた!

意外と知らない出産後に抜け毛が酷くなる原因!

産後の抜け毛からいち早く復活するための食べ物!

女性用育毛剤と男女兼用育毛剤の違いとは?

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る