プロペシアorザガーロと育毛剤の併用はあり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
プロペシアorザガーロと育毛剤の併用はあり?

AGA(男性型脱毛症)治療内服薬である「プロペシア」と「ザガーロ」、一般的な病院で処方されるこれらの薬と、育毛剤を併用すればメリットはあるのか?

AGA治療ではこれらの内服薬と、外用薬の「ミノキシジル(商品名:リアップなど)」の併用が一般的。

しかし、ミノキシジルは頭皮が弱い人が使うと、痒みやかぶれを起こして塗布した部位が赤く炎症してしまう事もしばしば。

アトピーの人や皮膚炎を起こしやすい人は、育毛効果を得られるどころか、悪化しかねないですし、心臓や腎臓に負担をかけるため、これらに疾患のある人は医師に相談し、恐る恐る使うことに。と言いうより使わないほうがいいですね。

その他にも、ミノキシジルは様々な副作用が報告されており、リアップを使い始めたが、副作用が生じてやむを得ず中止という人も少なくない。

そうしたケースでは内服薬だけとなるため、ミノキシジル外用薬の代わりに育毛剤を検討する人も多いですね。育毛剤を使うことでのメリットをまとめてみました!

【広告】

公にAGA治療薬に推奨されているのはこれ!

2010年に、日本皮膚科学会が定めたAGA(男性型脱毛症)治療のガイドラインでは、「ミノキシジル(商品名:リアップなど)」と「フィナステリド(商品名:プロペシア)」の併用が推奨されており、クリニックでの一般的な薄毛治療法。

ちなみに「デュタステリド(商品名:ザガーロ)」は、厚生労働省により2015年9月にAGA治療薬として正式に認可された新しい薬。

プロペシアとザガーロは商品名であり、有効成分はそれぞれフィナステリドとデュタステリドです。

⇒ 「ミノキシジル」の育毛効果はどのくらい?副作用は???

⇒ プロペシア(フィナステリド )の発毛効果と副作用はどのくらい?

⇒ AGA新薬ザガーロとプロペシアを比較したら効果、副作用にビックリ!

⇒ AGA治療認可薬ザガーロとは?注目される理由を考察!

プロペシア、ザガーロだけの効果

どちらもAGAの原因であるDHTの産生を抑制する薬なので、どちらを服用したとしても、効き目に大小あるだけで、脱毛を抑えるという作用は同じ。

髪の成長を止めてしまうDHTは、体内に存在する還元酵素5αリダクターゼの働きにより、男性ホルモンが変化したホルモン。

プロペシアとザガーロは、この5αリダクターゼを働かなくする薬なので、5αリダクターゼ阻害薬とも呼ばれています。

5αリダクターゼには1型、2型の2種類あり、プロペシアは1型5αリダクターゼだけしか効果がなく、ザガーロは1型と2型の両方の5αリダクターゼに効くため、脱毛抑制効果としてはザガーロのほうが強い。

この2つの内服薬の弱点は、発毛を促す効果がほとんどないということ。確かに、脱毛を抑えれば発毛も期待できますが、すでに毛根が弱って委縮していると、フサフサな髪の復活は難しくなります。

育毛剤を併用するメリット!

プロペシアorザガーロと育毛剤の併用はあり?-3

そこで注目されるのがミノキシジル。ミノキシジルには脱毛抑制効果はないですが、血管新生作用や毛包を大きくする作用が取り沙汰されています。つまり、強力に発毛をうながす効果があるのです。

プロペシアとザガーロだけでは脱毛抑制しかないので、薄毛治療には発毛促進も必要ですから、ミノキシジルも必要。

しかし、医薬品ですから使用できない人が使えば重篤なケースに陥ることもありますし、副作用から使えない人にとって代わりになるのが育毛剤。

一般的には、ミノキシジルと比較すれば効果は低いですが、育毛剤で健やかな頭皮に改善して育毛を促せるのですから、育毛の観点からはプラスになることはあってもマイナスになることはない。

プロペシアもしくはザガーロで脱毛の進行を予防しつつ、ミノキシジルと似た効果が得られる育毛剤を利用するのは、理に適った行為ですね。

AGA内服薬と併用で期待できる育毛剤とは?

育毛剤に含まれる主要成分が、よくミノキシジルと比較されるのは、公に認められた発毛成分だから、育毛効果の比較対象となりやすい。

注目される育毛成分では、「キャピキシル」「リデンシル」「ピディオキシジル」「M-034」「アルガス-2」などがあります。

ミノキシジルと同等の効果だとか、2~3倍の効果だとか、ミノキシジルと比較した様々なデータもあり、どの成分を含む育毛剤が良いのか?迷うところですね。

個人的にはどの育毛剤を利用しても、頭皮状態を改善することも目的としているため、副作用の心配もほとんどない事もあり、育毛にはマイナスにはならないと思っています。

ただ、ミノキシジル以上の効果をうたっている成分は、発毛シグナルが2~3倍というだけであって、実際に髪が2~3倍成長するのとは違う場合がほとんどなので、過剰な期待は禁物です。

最後に!

AGA内服薬だけでなく、育毛剤を併用するメリットは大きいと思っていますが、自分に合わない育毛剤を利用すれば、逆にデメリットにもなるので、出来るだけアルコール含有量が少ない商品を選ぶのがコツ。

また、得られる効果の期間は含まれる成分でも異なるため、出来るだけ早く効果を実感できるタイプのモノがおすすめ。さらに言えば、継続できるコストも重要。

AGA内服薬は1ヵ月分5,000~10,000円が相場ですから、そういった事も加味すればおすすめは「チャップアップ」「イクオス」ですね。

1-2

1-1

こちらも一緒に読まれています

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!

育毛剤で抜け毛が増える?逆効果になるパターンを紹介!

髪がヤバイ!育毛剤でも効果が無かったらどうすればいい?

体験から育毛剤を使っていても抜け毛が増えた事例を紹介してみた!

ハゲたくない人が自滅する前に使いたい育毛剤(男性)の選び方!

育毛剤が効かない原因はこれ!確認すべき事はこの5つ!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る