リアップX5とリアップジェットの効果を体験から比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リアップX5とリアップジェット、どちらの効果が高いのかといえば、もちろんミノキシジル5%配合のリアップX5ですね。

リアップジェットはミノキシジル1%なので、育毛効果が5分の1までにはならないですが、実際に使用した感覚からすると2分の1くらいに思います。

ただ経済的なことを考えれば、リアップジェットも十分に魅力がありますし、早期の薄毛から購入を考えられる方もおられるでしょう!

実際にリアップX5とリアップジェットを使用した経験から、効果や使用感などを比較してみました!

スポンサードリンク

リアップジェットとは?

2012年12月から発売されたリアップジェットは、リアップシリーズの中では新顔です。大きな特徴は、ジェット噴射式になっているところ。

逆さにして頭皮に押し付けると、その周辺に噴射されて毛根まで届いている感じがします。

15噴射で丁度1回分なので、15回頭皮に押し付けるとロックされる構造になっていて、使い勝手のいい仕様になっている。ただ、カチカチとけっこうな音がするので、一緒に住んでいる家族にはわかってしまうかも。

X5よりかゆみを抑えられるジェット!

リアップX5とリアップジェットの効果を体験から比較!-1

人にもよりますが、リアップでかゆみに悩まされる方が意外と多い。そういったことを踏まえて、リアッププラスから頭皮の痒みによる炎症を抑える成分が含まれています。

リアップジェットも同様に配合されているので、敏感肌や乾燥肌の方でもかゆみが出にくい仕様になっている。

それに対し、リアップX5はかゆみを防ぐ成分は一切配合されていないので、利用者の間では、かゆみを感じている方が意外と多いです。

頭皮環境を整えるということにおいては、リアップX5よりリアップジェットが優れています。

X5とジェットの価格を比較!

どちらも1日2回という用量を守って塗布すると、1本1ヵ月でなくなります。薄毛は完治するものではないので、ずぅ~っと使い続けることを考えると、リアップジェットの価格は魅力です。

リアップX5…7,048円(税抜)

リアップジェット…3,800円(税抜)

リアップシリーズの種類と価格はこちら⇒ 「リアップ」の種類を比較、価格と特徴のまとめ!

塗布後のべたつき感を比較!

塗布後すぐは、ジェット噴射式のリアップジェットのほうが、頭皮全体に広がるため、髪がベタベタになります。

しかし、乾きが早いのでべたつき感はそんなに気にならない。むしろ乾いてからがリアップジェットは優れている。

乾くと髪がゴワゴワになるリアップX5と違い、サラサラの自然な感じになるので、使用感はリアップジェットのほうが断然いいです。

X5とジェットの育毛効果を比較!

最後になりましたが、育毛効果はやはりリアップX5がかなり優れています。

リアップX5からリアップジェットに変更して2ヵ月くらいたった頃から、抜け毛が急激に増えてきました。

結局、3ヵ月ほど利用しましたが、抜け毛が一向におさまる気配がなかったため、リアップジェットを断念。その後、リアップX5に戻して徐々に抜け毛が減ってきました。

何としても脱毛を阻止したいのであれば、価格がかなり違いますが、リアップX5がおすすめです。

まとめ!

育毛効果以外は、すべてにおいてリアップジェットが優れています。自分の感覚ですが…。

まだリアップはちょっと早いかなといった方にリアップジェットがおすすめ。

ですが、リアップを検討されている方のほとんどは、薄毛がかなり進行してから候補の一つにあげられていることでしょう。

そうした事を踏まえると、経済的には厳しくなりますが、リアップを選ぶなら『リアップX5』ですね!

【追記2017年2月】

その後、チャップアップを2年使用し、現在はイクオスで育毛中(4ヵ月目)です。

それぞれの公式サイトはこちら チャップアップ(CHAP UP)  イクオス(IQOS)

リアップX5特集

リアップ中止でリバウンドするって本当?みんなの意見と自身の経験から考えてみた!

「リアップ」で脱毛はなぜ起こる?初期脱毛のメカニズム!

「リアップ」の種類を比較、価格と特徴の違いのまとめ!

「リアップX5」の副作用、3年実践して気付いたこと!

「リアップ」で脱毛はなぜ起こる?初期脱毛のメカニズム!

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

Archives

ページ上部へ戻る