「塩酸ジフェンヒドラミン」の頭皮を守る育毛効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

健やかな頭皮を保つ成分「塩酸ジフェンヒドラミン」の育毛効果についての記事です。

頭皮が弱いと薄毛。必ずではないですが、薄毛の人は意外と頭皮の弱い人が多いようです。そうした事から、多くの育毛剤やシャンプーに塩酸ジフェンヒドラミンが配合されています。

【広告】
育毛剤イクオス

塩酸ジフェンヒドラミンとは?

塩酸ジフェンヒドラミンは、体内で生成されるヒスタミンを抑えて、アレルギー症状を緩和する抗ヒスタミン作用があります。

ヒスタミンは、アレルギーや風邪の症状の原因。それを抑える働きがあることから、風邪薬や鼻炎薬等にも含まれている成分。

また、肌のかゆみによる炎症を抑える働きがあり、かゆみ止めなどのぬり薬にも含まれている。眠気をもたらすことが知られており、薬局でも売られている睡眠改善薬の主成分としても利用されています。

塩酸ジフェンヒドラミンの育毛効果!

アレルギーにより、引き起こされるかゆみや炎症などは、頭皮にも悪影響であるため、そういった目的で育毛剤やシャンプーにも用いられています。

余計な刺激を頭皮に与えずに、かゆみや炎症を抑えることで、髪の毛の育ちやすい健やかな頭皮へ導きます。

頭皮は外部からの刺激を受けやすく、不健康になりやすいですから、それが原因で髪の健康も損なわれ薄毛が進みます。

薄毛や抜け毛が多いうえに、頭皮がかゆいといった方には、この塩酸ジフェンヒドラミンが含まれている育毛剤によって、髪の健康を促す手助けをしてくれます。

塩酸ジフェンヒドラミンの副作用!

「塩酸ジフェンヒドラミン」の頭皮を守る育毛効果とは?-1

風邪薬や鼻炎薬として利用した場合、眠気を起こすことがある。さらに飲酒により、めまいや眠気を強めます。

また、抗うつ薬、胃腸薬と併用すると、排尿困難や口の渇き、便秘などの副作用がでることもある。一般的には、下記の副作用が出ることもあるといわれています。

眠気、倦怠感、めまい、頭痛、頭重感、口の渇き、吐き気、食欲不振、便秘、動悸、排尿困難、心拍の増加、瞳孔拡大、目のかすみ、発疹、体温の上昇(通常、手や足)、興奮性、

 

これらの副作用は、風邪薬や鼻炎薬、睡眠薬として服用した場合であって、塗布するタイプの育毛剤、かゆみ止めなどのぬり薬では、心配する必要はありません。

塩酸ジフェンヒドラミン配合の育毛剤!

チャップアップ

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)

IQOS(イクオス)

薬用プランテル

WAKA

・ヘアドーン

最後に!

最近では、男性だけではなく女性でも薄毛の悩みを抱えている方が多いです。男性の薄毛の原因は、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)によるもの。

しかし、頭皮が弱い方が多いのも事実ですし、女性に関してはホルモンバランスの乱れからくる頭皮の荒れ。少なからず、頭皮状態が悪いことで髪のトラブルとなっています。

塩酸ジフェンヒドラミン配合の育毛剤であれば、副作用の心配もなくメリットだけを得ることが出来ますから、薄毛改善には必須成分のように思います。

こちらも一緒に読まれています

「ピディオキシジル」はミノキシジルに似た成分、育毛効果より副作用が気になる!

円形脱毛症に効く「セファランチン」はAGA治療にも効果がある?

「アルギニン」が成長ホルモンを促し育毛も促進!

「パントテニルエチルエーテル」の育毛効果とは?

「エチニルエストラジオール」は抗男性ホルモン薬?その育毛効果とは!?

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る