イソフラボンの育毛効果を得るには大豆!ホルモンバランスを整えてAGA予防

薄毛なら摂取しておいて損はないイソフラボンの育毛効果についての記事です。

大豆食品は体に良いことは広く知られていますから、健康な体つくりは育毛にも良い効果をもたらします。イソフラボンの効果は体の健康だけにとどまらず、AGA(男性型脱毛症)の抑制にも一翼を担ってくれます。

イソフラボンとは?

豆科の植物に含まれる植物性ポリフェノールのことです。とくに大豆胚芽に多く含まれるものを大豆イソフラボンという。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、乱れたホルモンバランスを整える作用があります。

その他には、抗酸化作用や抗ヒスタミン作用がある。活性酸素の発生を抑制する効果が、肌の老化や動脈硬化、ガンなどの生活習慣病の予防。アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑えてくれるので、花粉症などを和らげる効果が期待できます。

さらに大豆イソフラボンは、女性疾患である乳がんや更年期障害、骨粗鬆症などに有効だとして、研究が進められている成分です。

イソフラボンの育毛効果!

AGA(男性型脱毛症)を抑える薬といえば、AGA治療で処方されるプロペシア(フィナステリド)が有名です。プロペシアは、5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害して、脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する薬。

それに対し、イソフラボンは男性ホルモンTH(テストステロン)の過剰な分泌を抑える働きがあります。

AGA(男性型脱毛症)は5αリダクターゼの働きにより、男性ホルモンTHが脱毛ホルモンDHTへ変換されて、ヘアサイクルを短くしてしまい、髪の成長を阻害するといわれています。

ホルモンバランスを整える働きのあるイソフラボンが、男性ホルモンTHの過剰な分泌を抑えてくれれば、脱毛ホルモンDHTも比例して減るわけですから、脱毛や薄毛の改善に繋がります。

イソフラボンを育毛生活にとり入れるには?

イソフラボンの育毛効果を得るには大豆!ホルモンバランスを整えてAGA予防-2

大豆食品は納豆やみそ汁、豆乳などたくさんありますから、上手に食生活にとり入れましょう!

意識していないと、意外と摂取できていなかったり、大豆食品が苦手だったりという私のような方もおられると思います。

そういった方は、健康食品などのサプリメントの活用が吉。少々お金がかかりますが、ストレスなく摂取できるので、うまく育毛生活にとり入れることが出来て続けやすい。

また、育毛のためにもっと効率よく飲み物から摂取するには、豆乳からよりも牛乳にきな粉を混ぜて摂取するほうが、育毛の観点からすれば効果的です。

イソフラボンを食事から摂る目安!

イソフラボンの育毛効果を得るには大豆!ホルモンバランスを整えてAGA予防-1

厚生労働省によれば、副作用の心配がないとされるイソフラボンの1日の上限摂取目安は75mg。

ですが、食事から大豆食品を多量にとったとしても、イソフラボンが体内へ過剰に吸収されるといった心配はほとんど無いので、サプリメントを併用した際の目安量と考えていいです。

食事から体内への吸収率には個人差がありますが、およその目安が以下です。

・大豆飲料(125ml)に69mg

・納豆1パック(50g)に65mg

・豆腐1/2丁(110g)に55 mg

・大豆煮1皿(50g)に30mg

・みそ汁一杯(18g)に7.2 mg

サプリメントの利用は、食事からの摂取を考慮して1日当たり30mgまでに抑えておくのがよいとされています。

イソフラボンを摂取しても効果がない人もいる!

イソフラボンの研究が進み、最近の明らかになってきたのは、イソフラボンの働きの元となっているのが「エクオール」という物質。

イソフラボンは、腸内細菌の働きによってエクオールに変化することで、女性ホルモンの働きを助ける力を発揮しているのです。

そのエクオールを体内で作れる人と、作れない人がいることも同時に明らかになっており、せっかくイソフラボンを摂取しても、その恩恵を十分に得ることができない人もいます。

日本人はエクオールを作れる人の割合が約50%、20~30%の欧米に比べて高いですが、若い世代では20~30%まで低下しているそうです。

なぜ、若い世代では低くなっているかといえば、大豆食品を食べない人が多くなっているから。

つまり、大豆食品をよく食べる人は、エクオールが作られやすい体質なのです。毎日イソフラボンを摂取することで、その恩恵を受けられる確率が高まります。

エクオールを作り出すことができる体質かは、簡単な尿検査でもわかります。

 

エクオール検査のやり方は?

エクオール検査は、Amazonで売られている「ソイチェック(4,102円)」で検査できます。

ソイチェックでエクオールが作れるかどうかを検査するための流れは、

1.ソイチェックの検査キットを購入する

2.採尿する

3.採尿管を返信パックに入れ、ポストに投函する

以上で、検査結果はおよそ10日で届くようです。

最後に!

個人的には大豆食品を好まないので、これが薄毛に繋がっていたのかも?

そういった事を考えたりします。それが全てではないでしょうが、ホルモンバランスを整えて頭皮の老化現象も防ぐはたらきがあるイソフラボンは、育毛のために積極的に摂取しておきたいものですね。

それでも、3年ほど前から育毛サプリで毎日イソフラボンを摂取しているので、その恩恵を得られているのかもです。

はじめの1年くらいは育毛効果をあまり実感できなかったですが、薄毛が改善した今の状態から考えれば、イソフラボンがたくさん含まれた育毛サプリを摂取し続けたのが良かったのでしょう。

やはり何事も、諦めず続けるのがいちばんですね。ちなみに現在使用中の育毛サプリはこちら

⇒ リニューアルしたイクオスサプリEXを評価!飲んでみた感想をレビュー

⇒ イクオスサプリEXに含まれる全成分の効能を解説してみた!

⇒ チャップアップサプリとイクオスサプリEX、どっちがおすすめですか?

こちらも一緒に読まれています

サクっと美髪になる栄養素が補給できる「きな粉」の育毛効果!

頭皮のむくみ改善に「氷酢玉ねぎ」が超簡単でおすすめ!

育毛サバ缶レシピ13選!髪のトラブルには育毛サプリより効果的かも?

黒酢の育毛効果とは?豊富なアミノ酸と神経細胞の強化!

ルイボスティーが育毛に効く!脱毛・白髪の改善効果を考察!?

育毛は身だしなみ  育毛剤イクオス

今月の人気記事

関連記事一覧

【大島義行】
薄毛を感じ始めてもうすでに10年以上。PDCAサイクルを回しながら髪に良いことをいろいろ試してきました。その結果、今があるので、薄毛は諦めないことが「大切」を痛感しています。コンプレックスは、過去の行動が生み出しているにすぎないので、可能な限り育毛経験をシェアします!