今さら聞けないアミノ酸系と高級アルコール系シャンプーの違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

育毛シャンプーといえば、「なんだか髪に良さそう!」という感じがしますが、一括りにできないのがシャンプーの落とし穴。

アミノ酸系、高級アルコール系、石けん系など、髪に良いノンシリコンシャンプーとうたっていても、多種多様のシャンプーが存在します。

テレビCMなどで髪を補修するシャンプーという商品はたくさんあり、何が良いのか迷うところ。今回はアミノ酸系、高級アルコール系、石けん系シャンプーについて紹介します。

【広告】
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

高級アルコール系シャンプーとは?

一般的に市販されている低価格のシャンプーのほとんどはこれ。

高級アルコール系とは、洗浄成分が石油由来の成分で構成されており、よく泡立って強い洗浄力があります。汚れをスッキリ落としてくれるため、爽快感が味わえていい香りもします。

しかし、育毛という視点からすれば、下記のデメリットがあります。

・必要な皮脂まで根こそぎとってしまう

・石油系成分はタンパク質をボロボロに変形させる

・頭皮に洗い残しがあると、残りカスが細菌の増殖を促す

・コーティング剤がいっぱい含まれている

頭皮を守るバリア機能は皮脂があってこそ構築されるため、汚れだけでなく皮脂までスッキリ落としてしまうと、頭皮の免疫力が低下すると同時に、潤いも保てなくなり頭皮の乾燥が進む。やがては敏感肌に移行してしまいます。

また、逆も起こり得ます。皮脂は必要なものですから、とり過ぎればもっと皮脂を分泌せねばという感じで、皮脂分泌が盛んになる原因にもなる。

酷い人になると、毎日シャンプーしているのに、午後からすでに髪がベタベタといった悩みにも繋がります。

高級アルコールとは石油成分ですから、タンパク質である頭皮や髪に与える影響は大きく、とくに髪表面のキューティクルを傷めてしまう。

これをカバーするために、コーティング剤が含まれている場合がほとんど。パサついた髪表面にコーティングすることで、なめらかな髪を装っているだけ。セットで売られているコンディショナーはコーティング剤の宝庫ですね。

アミノ酸系シャンプーとは?

髪にトラブルを抱えているなら、アミノ酸系シャンプーが一番おすすめ。

アミノ酸系シャンプーとは、植物由来のアミノ酸を用いた洗浄成分なので、頭皮にとても優しいシャンプー。洗浄力は強くないですが、それだけに低刺激でもあります。

少し前まではアミノ酸系シャンプーというと、「洗浄力が弱すぎて泡立たない!」「髪がきしむ!」といったイメージでしたが、現在では泡立ちの良いシャンプーも発売されています。

しかし、中にはアミノ酸系シャンプーとうたっていても、石油系の洗浄成分が含まれている場合もあります。これは1種類の洗浄成分ではなく複数の洗浄成分で構成されているため、弱い洗浄力を補う目的もあります。

つまり、アミノ酸系シャンプーなら何でもいいというわけでもない。メインの洗浄成分がアミノ酸系ならまだしも、ほとんどが石油系洗浄成分で、アミノ酸系洗浄成分はほんの少しというシャンプーも存在します。

アミノ酸系シャンプーのメリットは

・頭皮や髪にダメージを与えない

・皮脂をとり過ぎない

・ヘアカラーが長持ちする

・低刺激なので、敏感肌でも安心して使える

 

アミノ酸系シャンプーのデメリットは

・価格が高い

・中にはよくないシャンプーも混在する

石けん系シャンプーとは?

石けんを洗浄成分とするシャンプー。石けんはアルカリ性なので、弱酸性である頭皮とは正反対のため、頭皮や髪にはあまり良くありません。

石けんで顔を洗うとスッキリするのは、高い洗浄力が皮脂をとるため。顔が突っ張る感じがするのはそのためなので、頭皮でも同じことが起こり得ます。

また、泡切れが良くないのでカスが残りやすい。髪がきしんだり、パサついたりするといったデメリットもあります。

しかし、生分解性が高いので安全性がたかく、洗浄力も強いため好む人も多いですね。

ノンシリコンシャンプーとは?

今やノンシリコンシャンプーが主流ですが、単純にシリコンを含まないシャンプーのこと。

シリコンとは、髪をコーティングしてツヤをだして滑らかな髪にしてくれる成分。髪表面のキューティクルを保護する効果も期待できる。しかも熱に強いので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

その反面、シリコンが頭皮に付着すると強いコーティング力が災いして、毛穴をふさいでしまう。そのため、ニキビや吹き出物を発生させる要因になることもあり、敬遠される人が多い。

だからといって、ノンシリコンだから大丈夫だとは限りません。確かにシリコンは含まれていなくても、シリコンよりもっと粗悪なコーティング剤が含まれていることもあります。

また、シャンプーはノンシリコンでもセットで売られているコンディショナーにはシリコンがたっぷり含まれている場合もあり、一概にノンシリコンなら髪や頭皮にダメージを与えないとは限らないです。

最後に!

シャンプーはもともと髪を育てる効果などないですから、髪や頭皮にダメージを与えない商品を選びたいものですね。

個人こじんの頭皮状態にもよるので、髪に何の不安もない人であれば、高級アルコール系シャンプーでも問題ないでしょうが、現在、髪や頭皮に何らかの不安を抱えているなら、少々高くてもアミノ酸系シャンプーがおすすめ。

直感的に、高価なシャンプーであれば問題ないと考えている人もいるようですが、高価なシャンプーでも髪にダメージを与える成分は含まれているので、自分の頭皮状態にあったシャンプーを選びましょう!

こちらも一緒に読まれています。

ノンシリコンシャンプーで薄毛になってしまう意外な落とし穴!

髪にいい高価なシャンプーを使っているのに頭皮が痒い原因!

なぜ朝シャンで抜け毛が増えるのか?薄毛予備軍なら控えるべき3つの理由!

シャンプーで薄毛となってしまう思考と行動!

シャンプーの成分表示は化粧品と薬用でルールに違いがある!についてまとめてみた

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る