髪にいい高価なシャンプーを使っているのに頭皮が痒い原因!

頭がかゆいとつい掻きむしりたくなりますね。起きている時であれば、多少の痒みならガマンすることも出来ますが、寝ている時に無意識のうちに掻いてしまい、頭皮を傷つけている場合もあります。

それを防ぐために、わざわざ高価なシャンプーを利用しているハズが、そのシャンプーが痒みの原因となっている場合も。

ですから、「高価なシャンプーだから髪にいい!」という安易な考えは捨てて、自分の頭皮に合ったシャンプーをしっかり選ぶ必要があります。

また、洗い方がマズイとそれも痒みの原因になるので、頭皮の痒みを防ぐためのシャンプー選びと洗い方についてまとめてみました!

高価なシャンプーでも痒みがでる!

頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーとうたった高価な商品でも、「頭皮がかゆい!」という方が意外と多いです。「100%天然成分=すべての方の頭皮に合う」とならないのは当然。

いくら自然な成分でも、アレルギーがあったり敏感肌であったり体質は人それぞれ。

さらにアミノ酸系シャンプーでも、洗浄成分が石油系成分を使っている場合が多く、ただアミノ酸というだけではまったく安心できないのが実情。

ノンシリコンシャンプーに至っては、シリコンが入っていないだけ。髪に良いイメージのほうが勝ってしまったシャンプーです。

 

注意が必要な洗浄成分!

髪にいい高価なシャンプーを使っているのに頭皮が痒い原因!-10

石油系の洗浄成分は、メーカーによって様々な名称がつけられているので、完璧に見分けることはできませんが、一般的に以下の成分には注意。

・ラウレス硫酸Na(ナトリウム)

・ラウリル硫酸Na(ナトリウム)

・ラウレス硫酸アンモニウム

・ラウリル硫酸アンモニウム

 

これらの成分とともに注意が必要なのは、オレフィンスルホン酸ナトリウム。

硫酸系が髪に悪いということが知れ渡ってきたので、最近では石油系界面活性剤を不使用とうたって、オレフィンスルホン酸ナトリウムを使用しているシャンプーが多くなっている。

硫酸系よりやや刺激は弱いですが、この成分も洗浄力が高いうえ、頭皮に刺激を与えたり、タンパク質変性作用があったりするので避けたい成分です。

ちなみに、ノンシリコンシャンプーにも良く使われており、ノンシリコンシャンプーだから髪に良いとは限らない要因のひとつです。

 

防腐成分にも注意!

髪にいい高価なシャンプーを使っているのに頭皮が痒い原因!-11

意外と見落とすのが、防腐剤の役割のために含まれている防腐成分。強い防腐効果は、頭皮に必要な常在菌まで殺してしまう。また、敏感肌の人は炎症を起こす場合もある。

成分によって防腐効果の強弱はありますが、シャンプーには含有量まで表示する義務がないため、弱い成分でもたくさん含まれていれば同じこと。

ですから、防腐効果が強いかではなく、痒みを引き起こしやすい成分について、自身の経験からあげてみます。

シャンプーに良く含まれる防腐剤には、「メチルパラベン」「エチルパラベン」「ブチレングリコール(BG)」「フェノキシエタノール」「安息香酸Na」「ソルビン酸K」などがあります。

個人的にもっとも痒みを引き起こすのはフェノキシエタノール。乾燥肌で敏感肌の私にとっては、この成分が含まれているシャンプーで必ず痒みを引き起こします。

 

シャンプー方法にも注意!

髪にいい高価なシャンプーを使っているのに頭皮が痒い原因!-13

シャンプーで注意すべきことは、「薄毛になってしまう洗髪方法!」でも記述しているので、こちらを参考にして下さい。

⇒ シャンプーで薄毛となってしまう思考と行動!

シャンプーの仕方が悪いと、頭皮に傷をつけてしまったり、刺激を与えすぎたりする。それが原因でバイ菌が繁殖して、ニキビや吹き出物の原因にもなって頭皮に痒みが生じます。

ニキビや吹き出物の原因はこちら

⇒ 頭皮ニキビは髪の成長を阻害して抜け毛を増やす!原因となる8つについて考えてみた

自身の経験からシャンプー方法を見直すだけでも、頭皮のかゆみがかなり改善されました。

 

最後に!

頭皮の痒みは、頭皮環境が悪化しているシグナルと捉えることで、早期に抜け毛や薄毛予防となります。

頭皮が乾燥していると、どうしても痒みが出やすくなる。またフケも多くなることで、それを好むバイ菌が繁殖しやすくなり、さらに強烈な痒みへと負の連鎖になりかねないです。

洗浄力や刺激が強いシャンプーは頭皮を乾燥肌にしてしまい、さらに敏感肌へとドンドン進ませますから、頭皮のトラブルを頻発させます。

頭皮がかゆい場合は、とくにシャンプー選びに注意を払いましょう。

例えば、脂性肌の人が油性の保湿成分がたっぷり含まれているシャンプー(ホホバオイル、椿油など)を使えば、さらにかゆみが生じやすくなります。

なぜなら、油性の保湿成分は常在菌のエサになるから。脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチアの繁殖にも繋がるため、自分の肌質にあったシャンプー選びが大切です。

⇒ 脂漏性皮膚炎のためのシャンプー!カダソンが選ばれる理由とは?

逆に、乾燥肌の人はホホバオイルや椿油などが含まれたシャンプーを利用することで、頭皮の乾燥を防いでかゆみ防止になります。頭皮が乾燥する理由についてはこちらでまとめています。

⇒ 頭皮の乾燥を招く14コの原因!抜け毛を増やし髪も育たないから深刻

育毛は身だしなみ  育毛剤イクオス

今月の人気記事

関連記事一覧

【大島義行】
薄毛を感じ始めてもうすでに10年以上。PDCAサイクルを回しながら髪に良いことをいろいろ試してきました。その結果、今があるので、薄毛は諦めないことが「大切」を痛感しています。コンプレックスは、過去の行動が生み出しているにすぎないので、可能な限り育毛経験をシェアします!