ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

髪に良い食品として度々ナッツが取り上げられますが、ナッツにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

ナッツといっても、ピーナッツやアーモンド、クルミ、マカダミアナッツなど種類も様々。ですが、髪に良い栄養素はどれも同じように含まれているようです。

ナッツ類に含まれる栄養素から髪や頭皮にどう働くのか?考察してみました!

【広告】

不飽和脂肪酸が血液をサラサラにする!

ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

肉類に多く含まれる飽和脂肪酸は、とり過ぎると高コレステロールとなり血液をドロドロにして、成人病や肥満などの原因に。

しかし、ナッツ類に含まれるオレイン酸やαリノレン酸といった不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにしてくれるので健康的。

育毛の観点からすれば、不乾性油であるオレイン酸が頭皮にうるおいを与えます。皮膚のうるおいを保つ皮脂はオレイン酸が41%も占めているので、頭皮もとうぜん皮膚ですから、ナッツからオレイン酸を摂取することで、乾燥から頭皮環境の悪化を防いでくれます。

また、キューティクルが傷んで起こる枝毛や切れ毛、パサつきなどの髪のトラブル解消にも効果を発揮します。

髪の材料となるタンパク質が豊富!

ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

肉類や魚介類には、タンパク質が豊富に含まれていることはよく知られていますが、ナッツ類にもタンパク質が豊富に含まれています。

育毛には、ナッツ類からタンパク質を摂取するほうが理想的。なぜなら、肉類などは動物性脂肪も一緒に取り込んでしまう。さらに、果物や野菜より組織が複雑で硬いので、消化に多くの酵素が浪費されてしまう。

あくまで偏って摂ればということですが、動物性脂肪をとり過ぎれば、血液がドロドロになり毛細血管まで行き届かず毛根に大きなダメージ。酵素が大量に消費されれば、髪の合成にも悪影響を及ぼします。

ナッツ類はこうしたデメリットが少なく、髪の材料となる上質なタンパク質を効率的に摂取できます。

多種類のミネラルと十分なビタミン!

ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

ナッツには、マグネシウムや鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなど、多種類のミネラルが含まれており、髪の合成や頭皮の状態を整えてくれる。

また、ビタミンも十分に含まれているため、皮膚の代謝や髪の生成をサポートします。ただし、ビタミンCはほとんど含まれていないので、ナッツ類と一緒に摂取することで効果が高まります。

ナッツの中でもアーモンドには、若返りのビタミンといわれるビタミンEの含有量がダントツに多い。

最後に!

髪にとって必要な栄養素を十分に含んでいるナッツは、健康な体から健康な髪が生えるということにおいても、有益な食品ですね。

ただ、どんなに良い食品でも偏って摂りすぎればデメリットになりますから、まいにち定期的に適量をとることが大切。とくに塩分を多く含んだナッツの食べ過ぎは、髪だけでなく健康にも逆効果となりますから注意しましょう!

「Top Ten of City」が発表している「Top 10 Foods for Healthy Hairs」の

1位の食品はこちら⇒ 髪にダントツに良い卵が、抜け毛・薄毛の原因になる理由を解説!

7位の食品はこちら⇒ 鮭(サーモン)のアスタキサンチンが髪にいい?理由は発毛にスイッチを入れるから!

こちらも一緒に読まれています

髪に効く食べ物・飲み物、厳選28食材の育毛効果のまとめ!

育毛に効く食品ランキング!1位は意外にも身近な食材!?

ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

シジミのオルニチンが髪に良い?シジミに含まれる栄養素の育毛効果!

アボカドの育毛効果!特に髪に効く栄養素の効果をまとめてみた!?

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る