シジミのオルニチンが髪に良い?シジミに含まれる栄養素の育毛効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シジミは健康に良いことから、健康食品としても多くの人に愛されています。

そんなシジミですから、とうぜん抜け毛や薄毛の改善にもかなりの効果が期待できる食品。とくに「オルニチン」というアミノ酸の一種が、育毛を強力にバックアップしてくれます。

優れたオルニチンの効果は多岐にわたり、成長ホルモンを分泌促進や基礎代謝の促進、肝機能の向上など、あげればキリがないほどですね。

オルニチンをはじめとするシジミに含まれる栄養素の育毛効果について考察してみました!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

シジミに含まれる栄養素の育毛効果!

シジミに含まれている栄養素の中でも「オルニチン」が注目されていますが、それ以外でも育毛をサポートする成分が豊富です。

タウリン

魚貝類に多く含まれている栄養素で、シジミに多く含まれている。タウリンには、肝臓内の中性脂肪を取り除くはたらきがあり、オルニチンと同様に肝機能を高めて、髪の合成に大きく関与する肝臓をサポートする。

またタウリンには鎮静作用もあり、ストレスなどで血管が収縮したりストレスでも溜まる活性酸素の抑制になります。

ビタミンB群

ビタミンB群は皮膚の代謝を促したり、皮膚の粘膜の保護を助けたりと、毛が生えやすい潤いのある頭皮を維持するためには欠かせない栄養素。またタンパク質が髪に合成される時にもビタミンB群が必要となりますから、丈夫で健康な髪の生成を助けます。

鉄分

鉄分が不足すると貧血気味になりますが、これは全身に酸素が行き届かなくなるため。そうなれば毛根も酸素が不足するので、毛母細胞の細胞分裂にも影響がでて、うまく髪が生成されなくなります。シジミの鉄分含有量はレバーより少なめですが、それでも食品の中ではかなり多いので、貧血気味からの薄毛を避けるには秀逸な食品ですね。

オルニチンは髪の成長を促すホルモンの分泌を促進する!

シジミのオルニチンが髪に良い?シジミに含まれる栄養素の育毛効果!-1

髪が成長するゴールデンタイムは睡眠中。睡眠中に、身体の修復とともに髪が成長するためのホルモンも大量に分泌されるため、眠っている時に髪がグングン成長します。

ですから、質の高い睡眠をとれれば丈夫な髪に繋がりますが、残念なことに加齢とともに睡眠の質が低くなる。スマホやPCを寝る直前まで利用していても同様に浅い睡眠となりやすく、成長ホルモンの分泌が減ってしまう。

そこで活躍するのがオルニチン。髪の成長に大きく関与する成長ホルモンの分泌促進作用がオルニチンにはあるのです。加齢や睡眠不足から抜け毛が多い方は、シジミを摂取することで不足する成長ホルモンの分泌を促すことができます。

詳細⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

オルニチンは細胞増殖を促進する!

シジミのオルニチンが髪に良い?シジミに含まれる栄養素の育毛効果!

アミノ酸であるオルニチンは、体内に入ると「ポリアミン」に変化します。

ポリアミンはもともと細胞内に存在する物質で、古い細胞の遺伝子情報を新しい細胞へ正しく引き継がせる働きがありますが、加齢とともにこのポリアミンも減少してしまう。

細胞増殖に深く関与している物質ですから、不足すれば髪の工場である毛母細胞にも悪影響となり薄毛が進みます。(加齢と共に薄毛が進むのは、こうしたことも理由!)

シジミを積極的にとると細胞分裂を促せるので、抜け毛を減らしたり元気な髪に育ったりと、育毛効果が高いですね。

詳細⇒ ポリアミンの細胞増殖作用は発毛薬ミノキシジルと同レベル!

オルニチンは髪の合成に関与する肝機能を高める!

毛髪の生成工場は毛母細胞ですが、その毛母細胞が正常に働くにはエネルギー(栄養素)が必要。エネルギー生産工場である肝臓が弱っていると、体内に取り込んだ栄養が、毛髪の栄養素としてうまく生産されなくなる。

つまり、肝機能が低下していると、抜け毛や薄毛に繋がりやすくなります。

詳細⇒ 肝機能が低下すると薄毛が進む?肝臓と抜け毛の密接な関係!

そんな髪の合成に大きく関与する肝臓ですが、人間ドック等で肝機能異常と診断される人は年々増加の一途。2011年には33.3%となり、実に3人に1人が肝臓に何らかの問題を抱えているのですから、薄毛率の増加と比例しています。

抜け毛が多い方は、実は肝機能低下のサインである場合も…。

オルニチンの研究結果によると、成人男性を対象にオルニチン含有食品の摂取が肝機能に及ぼす影響について試験を行ったところ、肝機能の指標であるALTやγ-GTPの値が低下することが確認されています。

最後に!

シジミに含まれるオルニチンには、もっとたくさんの効能があると示唆されていますから、健康のためにも摂取しておいて損がない栄養素ですね。

シジミエキスを凝縮した健康食品が多く販売されていますから、これらを利用すれば簡単に摂取できるので、薄毛が気になりだしたら積極的にとりたいものです。

しかし、意外とこういった健康食品はお値段が高いのが問題。そういった場合、シジミ汁やつくだ煮を食べるほうがおすすめ。

効率的にオルニチンを摂取するにはシジミを冷凍する。または凍らせることで、オルニチン量が増加することが確認されています。

-4℃の穏やかな冷凍処理がもっとも良いようで、オルニチン量が8倍もアップするそうですから、実践にしてみてはいかがでしょうか!

こちらも一緒に読まれています

髪に効く食べ物・飲み物、厳選28食材の育毛効果のまとめ!

育毛に効く食品ランキング!1位は意外にも身近な食材!?

ナッツの何が髪に効くのか?ナッツに含まれる栄養素から考察してみた!

鮭(サーモン)のアスタキサンチンが髪にいい?理由は発毛にスイッチを入れるから!

アボカドの育毛効果!特に髪に効く栄養素の効果をまとめてみた!?

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る