AGAって何だ?男性型脱毛症はコレが遺伝する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
AGAって何だ?男性型脱毛症はコレが遺伝する!

薄毛の原因は成人男性の95%がAGA(男性型脱毛症)。進行具合や発症年齢は様々で、早ければ20代前半でも一気にハゲあがってしまう。

女性の薄毛であれば、ホルモンバランスの乱れからの場合が多く、ホルモンバランスを整えてやることで、薄毛の改善も十分に可能。

しかし、男性の場合は男性ホルモンが関与していたり、遺伝的な要因が大きかったりして改善が困難ですね。

AGAのメカニズムと何が遺伝するのかについてまとめてみました!

【広告】

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム!

AGAのメカニズムはすべて解明されているわけではないですが、男性ホルモンを減らすことで、髪がよみがえったといった米国の研究からも、AGAに大きく関与しているのは明らか。

有力な説は、男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素「5αリダクターゼ」の働きにより、DHT(ジヒドロテストステロン)という髪の成長にストップをかけるホルモンに変わってしまうことでAGAが発症する。

5αリダクターゼにもⅠ型とⅡ型があり、前頭部の皮脂腺に多く存在するⅡ型が、脱毛作用を強めるといわれています。

Ⅰ型は陰毛やわき毛、ひげ、頭髪に存在し、脂性のタイプの人に多い。それに対し、Ⅱ型はひげが濃い人に多いのが特徴。

 

ハゲが遺伝するメカニズム!

AGAって何だ?男性型脱毛症はコレが遺伝する!

両親から受け継ぐ「5αリダクターゼ」と「感受性」がハゲに大きく関わってきます。

5αリダクターゼは両親から遺伝するわけですが、必ずしも男性ホルモンが原因ホルモンDHTに変わってしまう訳ではない。

敏感に反応しなければDHTが増えないですから、両親から5αリダクターゼを引き継いだとしても、ハゲないということ。

敏感に反応してしまう感受性は、母方の祖父から性染色体「XY遺伝子」を受け継ぐ可能性が高い。

例えば、男性であれば父親から「Y」、母親から「X」をもらう。感受性は特定の「X」で遺伝するので、母親から受け継いだ「X」の感受性が高ければ、DHTが増えてハゲやすくなる。

母親も父親の「XY遺伝子」を引き継いでいるので、母方の祖父がハゲていれば、感受性の高い「X」が遺伝する可能性大。

つまり、父親だけでなく母方のおじいちゃんがハゲていると、AGA発症率はかなり高くなります。

 

薄毛治療はかなり進んでいるので悲観することはない!

ハゲの遺伝にピッタリ当てはまっても、兄弟が揃ってハゲていることはそれほど多くないですから、悲観することはないですね。

AGAが発症するタイミングも人それぞれなのは、食生活や悪しき習慣にも大きく左右されるから。

また、薄毛治療は日進月歩で進んでいるので、お金をかければ克服に近い効果が得られ、IPS細胞の分野でも毛髪再生が実現しそうですから、いかに薄毛を進行させないかが重要です。

その為には、良い育毛剤を利用したりライフスタイルを見直したりして、諦めるのではなく、薄毛の進行を遅らせることが大切です!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る