抜け毛が多い秋にこそ実践したい薄毛予防5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1年を通していちばん抜け毛が増えるシーズンは秋ですね。

1日100本程度であれば、薄毛のリスクを高めることはないでしょうが、それ以上になると危険度がグッと上がります。

実際にどのくらい抜けているか、数える人はほとんどいないと思いますが、いちばん抜けるのは洗髪の時。抜け毛が手に絡まってくる感じで、大量に抜けていることが容易に感じとれ、

濡れた髪をふき取ったタオルについてくる毛の量でも、ショックを受けることが多いですね。

抜ける予定だった毛だけが抜けているのであれば問題ないですが、夏のダメージによる抜け毛の場合もあるので、毎年秋をさかいに徐々に薄毛が進行していくことにもなります。

薄毛予防のために、秋にこそ実践したいこと5つ紹介します!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

アミノ酸系のシャンプーに変え、丁寧に洗髪する!

秋は頭皮の潤いがなくなりつつある季節、そこへ洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーを使えば、必要な皮脂までとり過ぎて一気に頭皮の乾燥が進みます。

季節の変化に頭皮が追い付いていきにくいときは、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーで、頭皮の負担を軽減してやることが大切。

また洗髪時にゴシゴシ擦ると、大切な髪を引き抜いてしまうこともあるので、揉むように洗い、すすぎにもしっかり時間をかけることが大事。

⇒ シャンプーで薄毛となってしまう思考と行動!

 

保湿力の高いホホバオイルを利用する!

抜け毛が多い秋にこそ実践したい薄毛予防5つ!-2

頭皮のカサつきが酷ければ、「ホホバオイル」や「椿油」など、保湿力がたかいもので乾燥から頭皮を守る。

乾燥した頭皮はバリア機能も弱っている状態。あらゆる頭皮の病気にさらされるので、抜け毛の増加につながりやすくなります。

また、秋から冬に向けてどんどん乾燥していきますから、何もしなければ保湿状態が低下した頭皮が良くなることはなく、冬になっても抜け毛が多い状態が止まらなくなります。

⇒ 秋に頭皮が痛くなる理由はコレ!対策にはホホバオイルが効果的!?

 

睡眠時間を固定して十分に睡眠をとる!

まいにち寝る時間や起きる時間がバラバラだと、身体の生活リズムが崩れて自分から髪にストレスを与えてしまう。また、髪が元気よく育つ条件であるホルモンの分泌量が減ってしまいます。

とくに夏から冬にかけて気温や湿度が激変する秋は、身体が対応しきれなくなりいろいろな病気を招いたりしますが、髪にとっても同じこと。

できるだけ身体の修復に努めるには、規則正しい生活スタイルが重要。それにより自律神経のバランスが整い、良質な睡眠もとれるので髪が元気になり薄毛予防につながります。

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

 

軽い運動をして血行、代謝を高める!

抜け毛が多い秋にこそ実践したい薄毛予防5つ!

意外と軽い運動は育毛に効果的。血の巡りが良くなり手足の冷えが良くなるだけでなく、頭皮の冷えも予防でき血行が促されます。

おでこの生え際はとくに毛細血管が少ないところですから、生え際から薄くなってきている場合、頭皮の血行が悪いとハゲあがるスピードもはやくなる。

また、代謝が悪くて数少ない毛細血管の末端に老廃物が滞れば、さらに毛根に栄養分が行き届かなくなり、抜け毛の増加につながります。

 

育毛剤を利用する!

あまりにも抜け毛が多い場合は、育毛剤も併せて使うと効果的。

ただ育毛剤の中には、ほとんど効果がない商品も存在することは、理解しておいたほうがいいですし、他人に効果があったとしても自分に合うとは限らないですから、育毛剤の選び方が重要。

敏感肌、乾燥肌の方は、育毛剤で頭皮が劣悪な状態になることもあり、できるだけ低刺激の商品が好ましいです。

 

最後に!

何事もそうですが、改善するより予防のほうが断然ラク。

抜け毛が多くなってから対策を施しても、効果があらわれ始めるには時間がかかるので、真冬に髪のボリュームがなくなった頭では、異常に寒く感じます。

寒く感じるだけならいいですが、薄毛が進行しては心まで凍りますから、はやめに対策しましょう!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る