コーヒーで抜け毛が増えるのか?髪との関係と育毛に効果的な飲み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コーヒーを飲むとハゲやすいのでしょうか?もし本当に髪に悪いのであれば、世の中ハゲばかりになってしまいますね。

世界中にコーヒーを好む人がたくさんいるのに、実際はハゲ人口のほうが少ないですから、単純にコーヒーで抜け毛が増えてハゲてしまうわけではないです。

しかし、育毛効果を高めることもあるコーヒーですが、飲み方によっては抜け毛を増やすこともあり、注意したい飲み物です。

コーヒーが髪や健康に及ぼすメリット、デメリットを知って、育毛に効果的な飲み方をしましょう!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

コーヒーの効能・効果!

コーヒーといえばカフェインですね。カフェインの効能は高く評価されており、家庭用医療薬として、頭痛薬や風邪の総合感冒薬、化粧品などに含まれています。

そのカフェインの効能・効果は下記です。

 

基礎代謝量を高める

カフェインを摂取すると、代謝が促され体脂肪の燃焼が高まります。

ダイエット効果

体内に蓄積される脂肪の分解が促されるので、ダイエットに効果的。カフェインを脂肪細胞に与えると、中性脂肪の分解速度がなんと3倍以上になります。

疲労感の軽減

骨格筋に直接はたらくため筋肉の収縮を促します。疲労物質の乳酸の影響をあまり受けないため、筋肉疲労や疲れにくくなる効果があります。

利尿作用

利尿作用は体を冷やしてしまうデメリットもありますが、体内の老廃物を体外へ正常に排出する効果があります。

消化促進

胃液や唾液の分泌を増やして食欲増進になります。

血圧上昇作用

中枢神経を刺激することで、心拍数が上がったり血管が収縮したりして、血圧が上昇します。高血圧の人にはデメリットですが、低血圧の人には良い効果となります。

強心作用

心臓の収縮力を高めるはたらきがある。コーヒーを飲みすぎで動悸を感じるのは、カフェインの強心作用によるものです。

 

他にも肝臓のはたらきを促す効能もあり、飲酒後のアルコールの分解を促進するので、二日酔いに利尿作用もあるコーヒーは効果があります。

 

コーヒーの育毛効果!

コーヒーは髪を生成する工場である毛母細胞を元気にして、栄養素を届けるルートである血管を丈夫にして拡げる働きがあります。

コーヒーにはカフェインとともに、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。

皮膚や血管の老化は、体内に存在する活性酸素が細胞の活動を阻害して老化させますが、クロロゲン酸にはたかい抗酸化作用があり、毛母細胞などの髪の関わる細胞の活性化を促します。

また、頭皮の老化防止にもなり、健康な髪がそだつ状態の頭皮へ導きます。

さらにカフェインには血行促進作用があるので、元気な髪が育つために欠かせない栄養を毛母細胞へ送り届けることに繋がります。

 

コーヒーによる髪へのデメリット!

コーヒーで抜け毛が増えるのか?髪との関係と育毛に効果的な飲み方!-1

基本的にコーヒーを1日1~2杯飲むだけであれば、健康を害することはないです。しかし、コーヒーを飲む時間やたくさん飲めば、髪に悪影響となります。

 

食後のコーヒーは亜鉛の吸収を妨げる

亜鉛は髪を生成するために欠かせないミネラルですが、髪に良い食事を心がけたとしても、コーヒーに含まれるタンニンが亜鉛の吸収を妨げてしまう。

髪に良い飲み方は、食後のコーヒーは時間を空けてから飲む。(食後約1時間)

コーヒーの過剰摂取は、その他のミネラルやパントテン酸というビタミンの不足にもつながり、頭皮環境を悪化させます。

亜鉛と髪の関係はこちら⇒ 「亜鉛」がないと毛が生えないのは常識!髪に必須ミネラルの育毛効果と副作用

亜鉛の吸収を妨げる行為はこちら⇒ 髪に必須の「亜鉛」!吸収を妨げる成分と高める成分

コーヒーは髪の成長に関わる睡眠を阻害する!

髪が成長するのは睡眠中ですが、これは深い眠りの状態であるノンレム睡眠時に、あらゆる成長ホルモンが分泌されるから。この中には髪の成長を促すホルモンも含まれています。

コーヒーによる脳を覚醒させてしまう作用は、浅い睡眠や夜中に目を醒まさせてしまうので、ホルモンの分泌量が減ってしまい、髪の生成に悪影響となります。

コーヒーは就寝5時間前までにしましょう!

睡眠と髪の毛の関係はこちら⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

コーヒーは体を冷やす

コーヒー豆は暑い地域でとれるものですから、たくさん飲むと体を冷やしてしまい、血行や代謝を低下させて抜け毛の原因に。また、スイカなどの夏にとれる果物も同じ。過剰に摂取すれば育毛には悪影響です。

夏にはアイスでコーヒーを飲まれる方が多いでしょうが、さらに血行や代謝を低下させてしまうので、育毛のためには温かいコーヒーがいいです。

甘いコーヒーは害でしかない

砂糖は髪にメリットは何もない。健康維持の観点からもそうですが、甘いコーヒーではメリットよりデメリットが強くなります。

砂糖は、体内のビタミンやミネラルを大量に消費するので、髪の生成に使われる栄養素が不足してしまう。それにより、抜け毛が多くなったり、荒れやすい頭皮になったりと育毛には大ダメージです。

育毛・健康にはブラックがいいですが、飲めない方は出来るだけ砂糖を減らしましょう!

 

最後に!

適度な量であれば、コーヒーは髪に良い効果をもたらしますが、飲みすぎや飲む時間、飲み方が重要。コーヒーを好きでない方が、育毛のために飲むだけの効果は期待できないですから、わざわざコーヒーを飲む必要はないですね。

実際にコーヒーの効能は、飲んでから30分ほどで働き始めますが、3時間くらいで効能が低下してしまう。この事から考えると、コーヒーを1日5杯以上定期的に飲まないといけないですから、現実的ではないです。

コーヒーで育毛というより、デメリットとならない飲み方を心がけることが大切ですね!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る