日本人の薄毛ハゲ事情!原因となる行動を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の髪が寂しくなってくると、つい薄毛の人の頭に目が行ってしまいがち。なぜか、それで安心感を覚える人も多いのではないでしょうか?

周りを見渡せば、必ずといっていいくらい薄毛の人を見つけられる日本人の薄毛率の高さ。世界では14位でもアジアではトップの薄毛大国。

人よりも早く小雨を察知できる特技が備わるが、寒さに敏感になったり、髪のセットがうまくいかなかったりと、出来れば薄毛を卒業したいものですね。

それには薄毛原因となる行動を知り、育毛に目覚めることが必要。原因と対策をまとめてみました!

【広告】

日本人の薄毛ハゲ事情は?

抜け毛に悩まされ薄毛、といった髪のトラブルを抱える日本人は、約1,400万人以上といわれています。

ピンとこない数字ですが、これは日本の人口の1割に相当。成人男性に限れば、4人に1人という薄毛率。

10人集まれば2人以上は薄毛という確率なので、仲間を見つけるのは超簡単。自分だけという孤独はそんなに感じないが、中には相当な悩みとなっている方も多い。

現在のままの薄毛率でも、相当なストレスを抱えている人が多く、それが今後も増加の一途。実は22年前の調査からは約1.6倍も薄毛率が高くなっている。この調子でいけば、世界のトップ10入りも現実になりそう。

また女性の薄毛も深刻。600万人~1000万人といわれており、成人女性の6人~10人に1人は、薄毛の悩みを抱えていることになります。

日本の高薄毛率は、高齢化が進んだことも一因でしょうが、その他の要因もかなり大きいですね。

薄毛は誰でも起きる!

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ae%e8%96%84%e6%af%9b%e3%83%8f%e3%82%b2%e4%ba%8b%e6%83%85%ef%bc%81%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e3%81%aa%e3%82%8b%e8%a1%8c%e5%8b%95%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%a6

女性の場合、美しい髪を育む女性ホルモンが分泌されているため、薄毛になりにくいハズ。しかし、実際の数字にも表れているように、髪のトラブルを抱える女性が増えているので、自分だけは大丈夫と限らない。

薄毛になりにくい女性でも薄毛になる時代なので、男性であれば遺伝的要因だけで将来を予想するのは難しい。

そもそも、髪がどんどん太くなってもっとも成長するのは14歳~25歳くらい。男性で20歳まで、女性は25歳までといわれており、その時期をさかいに徐々に細くなっていく。

年齢による髪の変化も、男女ともに齢を重ねるにつれ薄毛が進む要因のひとつ。誰にでも起こり得ることなので、その他の薄毛要因は早めに摘んでいくほうが、髪のことでストレスを抱えない未来を得ることができます。

薄毛ハゲになりやすい行動、行為!

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ae%e8%96%84%e6%af%9b%e3%83%8f%e3%82%b2%e4%ba%8b%e6%83%85%ef%bc%81%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e3%81%aa%e3%82%8b%e8%a1%8c%e5%8b%95%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%a6

・偏った食生活 ・刺激の強いものや脂っぽい食べ物を多く食べる。 ・朝食を抜くことが多い。 ・インスタント食品をよく食べる。 ・スナック菓子をよく食べる

世界の薄毛大国は、1位チェコ、2位スペイン、3位ドイツ。これらの国に共通するのは肥満に繋がる食生活。

濃い味付けや脂っぽい食べ物を多く食べることで、頭皮の皮脂分泌が盛んになり毛穴を詰まらせる。さらに血液もドロドロになりやすく、毛根に髪の合成に必要となる栄養が届かなくなり、薄毛になりやすい。

薄毛予防はなんといってもバランスのとれた食生活が重要になります。

 

・パーマをかける頻度が高い ・ヘアカラーなど毛染めの頻度が高い ・長髪 ・常に髪を同じ位置で束ねる

パーマ剤やヘアカラー剤は毛根に相当なダメージを与えるだけでなく、頭皮を荒れさせてトラブルの原因になります。

長い髪も毛根にストレスを与えますが、髪を束ねて強く引っ張られると、髪を支えられない弱い毛包となってしまう。

 

・頭皮にダメージを与えるシャンプー剤 ・1日2回以上シャンプーする ・朝にシャンプーする ・シャンプー剤のすすぎ残し ・洗髪後に髪というより頭皮をしっかり乾かさない

頭皮が乾燥して荒れるのはシャンプー剤が要因のひとつ。出来るだけ低刺激のアミノ酸系のシャンプーがいい。

また、1日に何回もシャンプーすれば、皮脂分泌を盛んになる原因に。頭皮を守るバリア機能も低下して、免疫力や保湿力が低下してしまう。

すすぎ残しや湿った頭皮を放置するのも、頭皮には悪影響です。

 

・睡眠時間が短い ・頻繁に夜更かしをする ・寝る直前に食べることが多い

髪が成長するのは、睡眠中に成長ホルモンが分泌されるから。その睡眠を妨げる行為は髪の成長を妨げているのと同じ。

寝る直前に何かを食べれば、成長ホルモンがもっとも多く分泌される眠りはじめの3時間に臓器を動かしてしまい、髪が育つホルモンも減ります。

 

・運動を全くしない ・タバコを吸う ・過剰飲酒 ・ストレスを溜めやすい

基本的に体に悪い習慣は、当然ながら髪にも悪い。何事も適度がいちばんですから、ストレスにならないように悪いことは控え、体を動かす習慣をつけましょう。

 

・帽子やヘルメットをかぶることが多い ・日差しの強い日でも帽子をかぶらない ・ゲームやパソコンで眼を酷使している

紫外線から頭皮を守るのは髪を育むため。常に帽子やヘルメットをかぶる人はハゲやすいといわれるが、帽子などが悪いのではなく、蒸れた状態を放置するから。

また眼を酷使すれば、その修復に髪の材料が使われるため、髪が栄養不足となりやすい。

同じ姿勢を長時間維持するのも、肩こりから血行不良となり、毛根に栄養が届かなくなります。

最後に!

薄毛は改善するより予防するほうが簡単。薄毛と感じても、それ以上進めない予防が大切。

髪全体のボリュームが無くなってきたと感じたら、ヘアケアを一度見直してみることをおすすめします。

すでに薄毛になっているなら、育毛剤などのヘアケアアイテムの助けを借りなくては進行を止めることすら難しいので、育毛剤選びも重要。おすすめ育毛剤はこちらで紹介しています。

⇒ おすすめ男性育毛剤比較ランキング!

こちらも一緒に読まれています

20代でハゲを誘発するヤバイ食べ物とその理由!

若ハゲになりやすい男の特徴9パターン!

ダイエット、肥満でハゲ予備軍が多数!薄毛、抜け毛が増える理由を考察!?

薄毛、ハゲの前兆になり得る3つの症状!

脱毛症の種類は?症状と原因をまとめてみた!

生え際の湿疹を放置するとM字ハゲ!そうならない為の必須対策はこれ

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る