若ハゲなら育毛剤?AGAクリニック?どっちがいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本の薄毛人口は増加の一途ですから、若ハゲで悩む方も年々増加しているのが現状。

様々な原因がいわれており、ハゲは遺伝だけでないのは周知のとおり。ただ、それがわかったとしても、若くして髪が薄くなってくると、その悩みは深刻であせって正常な判断を狂わす要因にもなります。

若ハゲにはこれがいいというのではなく、自身の症状にあった対策をする必要がある。そうでないと、リスクだけどんどん膨らんでしまいます。

育毛剤とAGAクリニックのどっちがいいのか?症状別に考えてみました!

スポンサードリンク

危機的な状況!

若ハゲなら育毛剤?AGAクリニック?どっちがいい-1

生え際がどんどん後退している。てっぺんの髪が産毛に近い状態。

こういった状況下では本格的にAGA治療を迅速に行わないと、髪のほとんどを失いかねないので、皮膚科ではなく、信頼できるAGA専門クリニックの受診を強くおすすめします。

皮膚科では絶対ダメ!というわけではないですが、ほとんどの皮膚科は「プロペシア(フィナステリド)」を処方するだけ。

すべての皮膚科ではないですが、脱毛の知識が乏しいことが多く、それぞれの症状に効果的な治療を受けられない。

そもそもプロペシアは脱毛をブロックするだけに働く薬なので、小さく弱体化した毛包を強く健康な毛包に修復する力がない。

今のところ、毛包を大きくする効果が研究から確認されているのは「ミノキシジル」だけ。人により症状がまちまちなので、毛髪が危機的な状況ならば、自分の症状にあった治療が受けられるAGAクリニックがおすすめです。

 

地肌が透けてきた!

若ハゲなら育毛剤?AGAクリニック?どっちがいい-2

危機的状況とまではいかないものの、髪が細くなり地肌が透けてくると、原因にアプローチした対策を早急に施す必要があります。

原因といっても、遺伝以外にもたくさんありそれらをピンポイントで追及できればいいが、専門家でない個人ではかなり難しい。

髪に良くないとされることをすべて行なえば、育毛剤を利用して対策もできるが、自身のない方はAGAクリニックで相談したほうが合理的。

自身の髪の状態がどうなっているのか?調べてもらえるので、無料のカウンセリング等を利用してから判断しても遅くない。

⇒ 若ハゲ対策の失敗は致命的!育毛で間違いやすいこと5つ!?

髪にボリュームがなくなってきた!

若ハゲなら育毛剤?AGAクリニック?どっちがいい-3

いちばん多いのがハリやコシがなくなって、髪がペッタンコになり以前よりボリューム感がない状態。

自分では気付けないくらい髪がほんの少し細くなってきているので、毛包が小さくなりつつある。毛根に元気がもどれば、健康な髪を生やせるので育毛剤を利用すれば十分にサポートできる。

リスクにもいろいろありますが、ハゲの不安を過剰にあおるAGAクリニックも存在するので、必要でない治療まで押し付けられれば、金銭的にダメージとなります。

専門クリニックであっても、ハゲの原因がすべて解明されていない現状では、100%改善することはできない。髪にボリュームがなくなってきた程度であれば、育毛剤やサプリを利用すると同時に、ライフスタイルを見直すほうが合理的です。

注意したい事はこちらでまとめています。

⇒ 若ハゲ対策の育毛剤が効かない?主なポイントをまとめてみた!

⇒ 若ハゲにリアップは安易な考え!これだけは知らないと一気にハゲる

最後に!

AGAクリニック、育毛剤ともに大小のリスクはあるが、まったくリスクを抱えず改善したいという都合のいい話はないので、自分の症状にあったほうを選ぶべきですね。

その際、信用できるクリニック、効果に信憑性の高い育毛剤を選ぶことが大前提です。

⇒ 若ハゲになりやすい男の特徴9パターン!

⇒ 若ハゲ対策は育毛剤orシャンプー、それとも育毛サプリ?

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

Archives

ページ上部へ戻る