海水が髪や頭皮に悪影響を与える理由はコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏になると海水浴に出かける人が多いと思いますが、薄毛だと目立ってしまったり髪のダメージが心配になったりで、思いっきり楽しめない。

何となく海水は髪を傷めることは分かっているが、何がいけないのかまでは意外と分からないものですね。

もちろん、強い紫外線の影響もありますが、海水がダメージヘアを生み出す理由を考えてみました!

【広告】
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

海水のアルカリ性がタンパク質を溶かす!

pH 7.0が中性、海水はpH 8.3 といわれているので弱アルカリ性です。

毛髪はケラチンというタンパク質が主成分ですから、海水のアルカリ性が毛髪の表面のキューティクルを傷めてしまう。そのうえ頭皮も荒れやすくなり、痒みや炎症といった症状が生じやすくなります。

育毛には石鹸系のシャンプーは合わないといわれるのも、石鹸系のシャンプーは弱アルカリ性であるため、髪や頭皮に良くない影響を与えてしまうからです。

シャンプーの場合であれば、髪や頭皮を長時間さらすわけではないので、特別に不安になることもないですが、海水により髪が長時間ぬれた状態では、どんどん髪が傷んでいきます。

 

海水の塩分がメラニン色素を壊す!

海水が髪や頭皮に悪影響を与える理由はコレ!-1

海水に含まれる塩分も毛髪に多大な悪影響を与える。

髪が濡れているとキューティクルが開いているため、塩分が髪内部に入り込み、メラニン色素を壊してしまう。黒髪が茶髪に変わる要因の一つ。

同時に髪内部の水分が逃げてしまうため、髪をパサパサにしてしまう。

塩を野菜にかけると柔らかくなりますが、塩が野菜の水分を吸い出すことで起きること。頭皮にも同じようなことが起こって、潤いのない乾燥した頭皮になり、髪が育ちにくい環境に変化してしまう。

 

海は汚染物質がいっぱい!

海水が髪や頭皮に悪影響を与える理由はコレ!-2

汚染された水が河川から海に流れているのですから、日本近海には見えない汚染物質がいっぱい含まれているので、敏感な頭皮が荒れる原因にもなります。

海水の塩分は頭皮の雑菌を抑えるといった期待はできるが、化学物質などは頭皮に悪影響でしかないですね。

 

最後に!

海水浴などの海のレジャーで、紫外線を予防するという人は少ない。そういった事も海水の悪影響を増大させてしまう原因。

かといって、海水浴などの海のレジャーが薄毛に直結するとは限らないですから、的確なケアを施せば深刻な状態は免れますし、回数を減らせば済む話し。

頭皮のダメージを開放するためにも、育毛剤などの育毛商品を利用するのはアリだと思います。頭皮ダメージ解消のおすすめは「チャップアップ」です。

⇒ チャップアップ人気の秘密を配合成分から評価してみた!

1-2

こちらも一緒に読まれています。

夏は薄毛のリスクがいっぱい、抜け毛を増やす5つの行為!

頭皮ニキビは髪の成長を阻害して抜け毛を増やす!原因となる8つについて考えてみた

頭が臭くて抜け毛が多い!意外とやっているハゲ確率を上げる6つの原因!

フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

秋に頭皮が痛くなる理由はコレ!対策にはホホバオイルが効果的!?

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る