太い髪と細い髪、ハゲになりやすいのはどっち?薄毛になりやすい人の特徴も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

若い頃に、近親者の中に薄毛やハゲの人をみかけると、将来自分も薄毛になるのか、心配になりますね。

ただ、日本の薄毛人口は成人男性の4人に1人なので、近親者に薄毛の人がいてもおかしくはない確率。

それでも薄毛は遺伝の要素が大きいですから、父親がハゲていると不安はマックスに達するか、あきらめて成り行きに任せるといった感じで、楽観視する人が多いのも事実ですね。

そういった中で、髪の太さでハゲやすさが違うのだろうか、といった疑問がわいてきます。いまや薄毛治療も進んでいますから、予測できれば早めの対策で、進行を遅らせるぐらいなら意外と簡単。

ハゲになりやすい髪質について考えてみました!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

ハゲになりやすいのは細い髪!

基本的に髪は、太くても細くても薄毛やハゲのなる確率は同じ。

問題は髪質の変化。以前より髪が細くなったり、1本の髪の毛の太さが所々太かったり細かったりする髪が増えると危険ですね。

髪の生成プロセスに何らかの障害が生じている証し、薄毛の前兆ですね。

この前兆を感じとれるかどうかがカギ。ですから、髪が細いと髪質の変化に気づきにくいことが、対策が遅れて一気にハゲやすくなる。

髪が太いと、髪質の変化に細い人よりは意外と気づきやすいので、早めの対策をしやすいことから、薄毛の進行を遅らせることができます。

つまり、対策の遅れが致命的になるということですから、何も対策をしなければ、どちらも同じです。

 

薄毛になりやすい人の特徴!

髪質の変化に気づきにくくても、どういった人が薄毛になりやすいのか、わかっていれば対策もスムーズに行えます。

今の自分の行動が、将来の自分を作り上げていくのですから、薄毛になりやすい人の特徴に当てはまっていたら、何らかの行動を起こしましょう!

・頭皮に可動性や柔軟さがなくかなり硬い

⇒ ハゲ・薄毛の頭皮は硬い、柔らかくするより血行促進が大切!

・悩み事が多い

・肩コリや首のコリが酷い

・常に寝不足

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

・脂っこいものやインスタント食品を好む

・好き嫌いが多く、小食

・太っている

・食事制限のダイエットをしている

・運動をほとんどしない

・父親や母方の祖父がハゲている

・1日に100本以上の毛が抜ける

・髪や爪の伸びが遅い

・脂性のフケが多い

⇒ フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

・体毛が濃い

・過剰な飲酒や喫煙習慣がある

・下痢や便秘をしやすい

・常にカラーリングやパーマで髪を傷めている

⇒ カラーリングが抜け毛、薄毛の原因?そのリスクを考察してみた!

 

最後に!

髪が剛毛だとハゲやすいとか、細いとハゲやすいとか、巷ではいろいろ言われますが、そこにハゲになる本質はない。それより、見極めて早めの対策を打てるかが重要。髪質の違いの詳細は

こちら⇒ 硬い髪とやわらかい髪の違いはコレ!ツヤと色の違いも解説してみた

また、頭のニオイが気になる人も注意が必要。ハゲたくない方はこちらも参考にして下さい!

⇒ 頭が臭くて抜け毛が多い!意外とやっているハゲ確率を上げる6つの原因!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る