頭皮が冷えるとハゲやすい?血行不良と薄毛の関係!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

頭皮が血行不良だから冷えてしまうのか、頭皮が冷えるから血行不良なのか?

冷えと血行不良ほぼ同時進行なので、どちらにも対応することが大切ですが、そもそも血行不良になるとなぜハゲやすいのでしょうか?

頭皮の血行不良と薄毛の関係について考えてみました!

スポンサードリンク

頭皮が血行不良になると?

頭皮が冷えるとハゲやすい?血行不良と薄毛の関係!

頭は手足と同じで心臓から離れた末端部。血液が届きにくい部位ですから、もともと体の血行が悪い人は、頭皮の血行も悪く頭皮が硬くなりやすい。

毛髪は細胞分裂により成長するので、そのために必要なエネルギーのもととなる栄養分が、血液によって毛根へ運ばれなければ支障が出ます。

栄養素や酸素がそのエネルギーとなりますが、血行不良ということは、必要としない老廃物も適切に排出されないわけですから、そういった毒素を含む老廃物がさらに細胞活動の邪魔をし、健康な髪の生成が妨げられてしまう。

 

頭皮が冷えると?

冷えは新陳代謝の低下や細胞不活性化をおこします。細胞活動に必要な栄養分が届かないだけでなく、細胞も元気をなくしてしまう。

元気がなくなった細胞は、栄養や酸素を取り込みづらくなり、皮膚再生であるターンオーバーがどんどん遅くなる。

そうなると、古くなった硬い角質が頭皮を覆ってしまい、頭皮が硬くなると同時に、潤いがなくなり髪が生えにくい老化した頭皮へ進んでしまう。

もちろん、髪の生成工場である毛母細胞も活動が鈍ってしまうので、抜け毛や薄毛といった髪のトラブルとなります。

 

睡眠の質が下がる!

頭皮が冷えるとハゲやすい?血行不良と薄毛の関係!

髪が成長するゴールデンタイムは、睡眠中の22時~2時といわれているのは、眠りはじめの3時間に成長ホルモンが大量に分泌されるため。

このホルモンの中には、髪の成長に関わるホルモンも含まれているので、深い眠りに就くことが育毛につながります。

ですが、血行不良では睡眠に悪影響が出やすくなる。それは睡眠のメカニズムに血流が大きく関与するから。

人間は深部体温が急激に1℃下がると眠くなりますが、深部体温が上がると、体は下げようとして手足の末端部に血液を送り体温を下げ、眠くなります。

そういった睡眠のメカニズムがあるので、シャワーだけでなく湯船に浸かって体温を上げてやると、スッと眠ることができて熟睡できるのです。

しかし、血行が悪いとそういった睡眠のプロセスがうまくいかず、眠りが浅くなりホルモン分泌が減ってしまう。十分寝ているけれど、髪が育たないということになります。

睡眠と髪の関係はこちらで紹介しています。

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

 

体内への栄養の吸収率が下がる!

血行不良は臓器の機能低下にも影響します。吸収器官の機能が低下していると、食事などから摂取した栄養素がうまく吸収されなくなり、髪に必要な栄養素が体内で合成されなくなる。

また、体内にとり込んだ栄養素が毛根へ正常に送られるには、その役割を担う肝臓が元気であることが重要。

逆に抜け毛が増えるのは、そういった臓器の機能低下のサインということも考えられます。

肝臓と抜け毛の関係はこちら

⇒ 肝機能が低下すると薄毛が進む?肝臓と抜け毛の密接な関係!

 

最後に!

抜け毛や薄毛など、髪のトラブルにつながりやすい血行不良は、後にガッカリしない為にも改善に努めることが大切ですね。

頭皮の血行が悪くなってしまう原因はこちらで紹介しています

⇒ ハゲ・薄毛の頭皮は硬い、柔らかくするより血行促進が大切!

また、血行不良は白髪にも影響しますから、一般的に老けて見られやすいので、若々しさを保つという意味でも、日頃の心がけは重要ですね!

スポンサードリンク

---------------- 人気 Contents ----------------
おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!
初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

Archives

ページ上部へ戻る