なぜ生え際からM字にハゲるのか?育毛剤が効かない理由はコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハゲのタイプは様々、もっとも多くて改善が難しいとされるのは、前頭部から薄くなっていくM字タイプ。

頭頂部であれば、リアップなどの発毛剤で改善できることもありますが、生え際がいったん薄くなると、リアップの有効成分であるミノキシジルをもってしても厳しいですね。

なぜ生え際からM字にハゲてしまうのか?

生え際に育毛剤が効かない理由とは?

そういった事をまとめてみました!

【広告】
育毛剤イクオス

生え際から薄くなる2つの理由!

生え際からハゲあがっていく理由は大別して2つ。

髪の生成に欠かせない栄養分をはこぶ毛細血管が少ない部位。

髪の栄養分が毛根に届かなければ、髪が育たないのは言うまでもないことですが、残念なことにおでこは毛細血管が特別に少ないところ。

それでも、若い頃はフサフサな髪が生えていたのですから、毛細血管をいま以上に失くさないことが大切。

体全体の血行が悪く、老廃物などの毒素が血管内に滞れば、どんどん毛細血管が減ってしまい、毛髪が再生できなくなります。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因酵素であるⅡ型5αリダクターゼが多く存在する部位。

髪の成長にストップをかける原因ホルモンDHTは、男性ホルモンが還元酵素5αリダクターゼの働きにより変換されたホルモン。

とくにⅡ型5αリダクターゼがDHT生成に大きく関与しているといわれています。そのⅡ型5αリダクターゼは生え際に多く存在しているので、ヘアサイクルが狂って髪の成長期を短くしてしまう。

それにより、十分に育たないまま髪が抜け落ちてしまい、薄毛が進行していきます。

 

育毛剤が効かない理由!

なぜ生え際からM字にハゲるのか?育毛剤が効かない理由はコレ!-1

髪の生成工場である毛母細胞に発毛指令をだすのは、毛根の奥にある毛乳頭細胞。

その毛乳頭細胞の活性化には、成長因子(グロースファクター)が必要となりますが、細胞増殖因子である「FGF」もその1つ。

リアップ(ミノキシジル)は血管拡張作用があるとともに、このFGFも増やす働きがあります。

しかし、FGFはいつまでも存在するわけではなく、数時間で使い物にならなくなってしまうという特徴があり、発毛剤であるリアップでも改善が難しいとされています。

また、プロペシア(フィナステリド)を用いたとしても、ほぼⅡ型5αリダクターゼの働きを抑えるだけなので、生え際の発毛までは厳しいですね。

医薬部外品の育毛剤は、この両方を兼ね備えている商品であればあるていど有効ですが、医薬品でも効果が薄いのですから、過度に期待できないのが実情です。

 

Mハゲは進行させないことが大切!

生え際が後退すると改善が難しくなるので、後退させない現状維持でも有益。

実際のところ、いったん生え際が後退し始めると、この現状維持も難しいので、育毛剤を使うタイミングは早すぎるくらいが丁度いいくらい。

もちろん、育毛剤だけに頼っても生え際は後退していくので、血行促進につながる軽い運動や、お風呂ではしっかり湯船に浸かって体を温めることに努めることが大切。

頭皮マッサージなども、うまく施せば血流が良くなりますが、やり過ぎたり強すぎたりして、毛細血管を傷つけないようにしましょう!

長期的な対策はこちら⇒ M字ハゲの進行をストップさせるために重要なこと

短期的な対策はこちら⇒ M字ハゲに効く食べ物と育毛剤!

 

最後に!

生え際の改善や後退させないためにうまく育毛剤を利用すれば、劇的な効果を得られなくても、進行を止めることくらいなら可能です。

ただし、育毛剤選びに失敗すると何の効果も得られないので、どんどん生え際が後退していきますから、いちばん初めに使う育毛剤が意外と重要。

効果がないものを始めに掴んでしまうと、「どうせ効かないから!」という思考になってしまうので、自分に合ったものを慎重に選びましょう!

個人的にはチャップアップがおすすめ!詳細はこちら

⇒ チャップアップ人気の秘密を配合成分から評価してみた!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る