M字ハゲの進行をストップさせるために重要なこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生え際から薄くなっていくM字ハゲ、はじめは何となく生え際が後退したように感じるだけですが、ヤバイかもと思ったとたんに後退するスピードがはやくなります。

とくに生え際は、いったん髪が細くなったり短くなったりすると、改善が難しいですから早めの対策でそれ以上の後退を阻止することが大切。

M字ハゲの進行をストップさせるために重要なことを考えてみました!

【広告】

M字ハゲの原因に沿った対策が必要!

前回の記事にも書きましたが、生え際が後退していく要因は大きくわけて2つ。血行不良と原因酵素Ⅱ型5αリダクターゼが多く存在する部位だから。

詳細はこちら⇒ なぜ生え際からM字にハゲるのか?育毛剤が効かない理由はコレ!

人によって原因はそれぞれですが、たいていは大小あれど両方とも原因。どちらにも対応する必要があります。

 

育毛剤だけに頼っても効果は…!

M字ハゲの進行をストップさせるために重要なこと!-1

育毛薬であるプロペシア(フィナステリド)を利用したとしても、肝心な毛細血管がなくては毛根に成分が届くルートがないので、効果を得られないですね。

そこで登場するのがミノキシジル。リアップの主成分として知られている薬剤ですが、血管を拡張して血流改善効果が見込めます。

日本皮膚科学会の『男性型脱毛症診療ガイドライン』でも、第一選択薬として強く推奨されている。フィナステリドとミノキシジルはともにAランク。

プロペシアを服用するとともに、外用薬であるミノキシジルを塗布すれば合理的。のハズですが、生え際の薄毛はそれでも改善できる確率が低い。

なぜなら、ミノキシジルで毛細血管を拡張しようにも、その毛細血管がないのですからその効能が毛根に伝わらない。ですから、育毛剤だけに頼っても効果は限定的です。

 

髪が育つ体質に改善する必要がある!

そもそも体全体の血行が悪ければ、頭皮に送られる血液量も少なくなります。

頭皮の少ない血液の血流を改善しても、絶対量が不足しているわけですから、どうしても生え際まで届く栄養分が少なくなる。

体全体の血行を促し、髪が育つ体質に改善することが大切。その為には、下記のことに心がけることが大切。

・ウォーキングなどの有酸素運動。

・血管が収縮してしまうストレスの解消。(喫煙も)

・第2の心臓といわれているふくらはぎのマッサージ。

・お風呂はシャワーで済ませるのではなく、しっかり湯船に浸かる。

・血液中の有害な過酸化脂質を防ぐビタミンEとビタミンCを積極的にとる

・血液をサラサラにする効果が高いDHA、EPAを多く含む青魚を食べる。

・体を冷やしてしまう陰性の食べ物は控える。(基本的に暑い地域や夏場にとれる食べ物は陰性が多い)

 

最後に!

生え際の改善には、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)が有効な手段ですが、世界各国で認可されていない服用タイプの育毛薬なので、どうしてもという場合には必ず専門医の指示に従いましょう!

全身の体毛が濃くなる程度の副作用であれば問題ないですが、命に関わる副作用もあるので、出来れば避けることがベストな選択。

体質改善はなかなか効果があらわれにくい地味なことですが、薄毛、ハゲは完治する病気ではないので、長期的な視点で捉えればかしこい選択に思います!

短期的な対策はこちら⇒ M字ハゲに効く食べ物と育毛剤!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る