紫外線のダメージが抜け毛・薄毛の原因になる3つの理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

頭皮は1年中紫外線のダメージを受けているので、紫外線が強くなる夏場だけ対策しても、頭皮にダメージが蓄積され続けます。

女性ならお顔のケアは入念にされることでしょうが、頭皮は髪に隠れていることもあり、意外と防護策やケアを怠る方が多いのでは?

しかしある研究によると、頭皮は顔の2倍の紫外線を受けているといった研究結果が出ています。また、感覚的に紫外線が強いのは8月頃に感じますが、いちばん強いのは夏至ごろ。

髪の毛に症状があらわれるは遅れることもあり、紫外線対策を軽視しがちですが、育毛にはかなり重要。紫外線が抜け毛や薄毛を進行させてしまう3つの理由についてまとめてみました!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

活性酸素が頭皮を老化させる!

紫外線を浴びると、体内の活性酸素が増えて元気な細胞を傷つけたり、細胞活動を鈍らせたりします。悪者のイメージが強い活性酸素ですが、体内に侵入した細菌などを取りのぞく重要なはたらきがあり、健康な体を保つには必要なもの。

しかし、紫外線やストレスなどで活性酸素が増えすぎると、大切な細胞まで攻撃してしまうことが問題。

無防備な頭皮に紫外線を浴び続ければ、元気だった細胞がドンドン弱っていき、潤いや弾力のない荒れ果てた頭皮になり、髪が育ちにくくなる。

また細胞活動が鈍ると、髪を黒くする工場であるメラノサイトも元気がなくなり、白髪も増えます。

毛根にもダメージを与えヘアサイクルを乱す!

紫外線のダメージが抜け毛・薄毛の原因になる3つの理由!-1

紫外線により毛根がダメージを受けると、毛包の奥に位置する毛乳頭細胞まで弱ってしまう。発毛指令を出すこの毛乳頭細胞の元気がなくなれば、毛が生まれ変わるヘアサイクルまで乱れてしまいます。

それにより、毛が生えてこなくなったり毛の成長期が短くなったりと、健康な髪に育たない状態に。抜け毛が増え薄毛が進行していきます。

紫外線を防ぐ対策も大切ですが、完全にシャットアウト出来ないですから、内側からのケアも必要。毛乳頭細胞に必要な栄養素であるタンパク質やビタミンB群、ビタミンE、亜鉛などを摂取する。

また、代謝を高めて血行を良くして、これらの栄養素をスムーズに毛乳頭細胞へ届ける必要もあります。

さらに、紫外線は男性ホルモンを増やしてしまう。ヘアサイクルを乱すAGAの原因ホルモンDHTは、男性ホルモンが変換されたものですから、髪の成長を妨げてしまいます。

髪にもダメージを受ける!

日々の生活で髪が受けるダメージは、熱や摩擦、静電気などたくさんあります。紫外線もその1つ。紫外線はキューティクルにダメージを与えてしまうので、パサついた髪に。切れ毛や枝毛の原因にもなります。

髪はすでに死んだ細胞ですから、傷んでしまってからケアを施しても手遅れ。そうした髪ばかりになっては毛密度が減っていくので、さらに紫外線の影響を頭皮にうけてしまいます。

最後に!

夏場の紫外線は頭皮の日焼けにも注意ですね。知らぬ間に頭皮が日焼けしていて、ヘアカラーやパーマ、シャンプーで強烈な痛みやかゆみを引き起こすこともあります。

また、紫外線を浴びつづけた皮膚は表面の角質層のキメがあらくなって、内部は隙間だらけになり、水分がどんどん失われていきます。

それにより頭皮は乾燥しやすくなり、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌になる。紫外線は肌体質まで変えてしまうので、注意したいものですね!

頭皮が乾燥する多くの原因は

こちら⇒ 頭皮の乾燥を招く14コの原因!抜け毛を増やし髪も育たないから深刻

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る