生え際の湿疹を放置するとM字ハゲ!そうならない為の必須対策はこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

頭皮にできるブツブツした厄介者の湿疹。できだすと治るどころか、大きくなったり広がったりする場合もありますね。

とくに生え際のブツブツは人の目につくところでもあり、自分でも鏡を見るたびに気になるところ。

後頭部や側頭部であれば髪に覆われており、ハゲの心配がないところなので、そのうち治るといった感じで放置しても最悪な状況に陥らないですが、生え際のブツブツを放置すれば、髪が後退する可能性大ですね。

M字ハゲを進行させない為には、皮膚科で治療薬を処方してもらうのがいちばん。ですが、仕事が忙しかったりして平日にはなかなか行けないものですし、一時的には薬で治るでしょうが、再発することがほとんど。

なぜなら、原因にアプローチしていないから。薬は一時的に治すものであって、原因を取り除くものではないから。生え際を後退させない為には原因を特定し、取り除く対策が必要です!

【広告】
育毛剤イクオス

生え際のブツブツの原因!

顔にできるニキビ同様に、せっかく治ったと思っていたら、またすぐに出来てしまうブツブツ。

薬を塗れば一時的な改善は見込めますが、完全克服するには原因を取り除くことが必須。ブツブツがくり返されれば、とうぜん生え際がどんどん後退します。

そもそも、毛にとって劣悪な毛穴状態がブツブツを生み出しているのですから、成長過程の毛が抜けやすくなります。

最悪な毛穴状態を生み出す原因は、シャンプーの可能性が高い。その他には、

・ワックス、スプレー、ムースなどが長いあいだ付着している

・生え際が蒸れている状態を放置

・刺激が強い食べ物や脂っこい食べ物を好む

・不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ

・寝室および寝具が汚い

・ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)の乱れ

こういった事ももちろん原因としてあげられますが、シャンプーの仕方、シャンプーやリンスのすすぎ残し、洗髪後の自然乾燥などが大きいですね。

生え際の湿疹を放置するとM字ハゲ!そうならない為の必須対策はこれ-2

とくにシャンプー時は、1日のうちでいちばん頭皮に触れる機会が長い。

・ゴシゴシ激しく洗えば、頭皮を傷つけることとなる

・すすぎ残しがあると、それを好む細菌が繁殖する

・洗髪後、ぬれた髪を放置すれば湿気を好む細菌が繁殖する

シャンプーを正しく行うことが原因を取り除くことに繋がります。

・髪についたホコリや汚れをブラシで落としてから、温めのお湯(38℃くらい)で予洗いする。

・シャンプー剤をちょくせつ髪につけるのではなく、手のひらでしっかり泡立ててから、髪を包み込むようにつける。

・すすぎは3分くらい、髪や頭皮にシャンプー剤が残らないように時間をかけてしっかり洗い流す。

・シャンプー後はドライヤーを20センチくらい離してしっかり髪を乾かし、冷風で生え際の湿気をなくす。

温風だけでは生え際から汗がにじんでくるので、とくに生え際の乾燥には注意したいですね。

また、育毛剤を塗布している場合は、生え際に液が溜まって湿った状態が長くなるため、できるだけ冷風でケアすることが大切。

生え際にブツブツができるメカニズム!

生え際にできるブツブツは、一般的に思春期のニキビを生じさせる「アクネ菌」とは違う「マラセチア菌」。

もちろん、アクネ菌の場合もありますが、成人であれば確率的にマラセチア菌の増殖が疑われる。その悪さはフケの原因にもなります。

どちらの菌が原因でも、ブツブツのメカニズムはほとんど変わらず、皮膚の常在菌という事も同じ。

生え際の湿疹を放置するとM字ハゲ!そうならない為の必須対策はこれ-1

ただ、マラセチア菌は真菌というカビの一種なので、抗真菌外用薬などの薬で一時的に除菌できます。しかし、常在菌なのですべて取り除くわけではないですし、

皮膚を守るためのバイア機能の構築には欠かせない菌。

薬を塗って治ったとしても一時しのぎ。バリア機能の低下も心配。マラセチア菌が繁殖してしまう根本的な要因を取り除くことが、生え際の後退を予防します。

ブツブツの原因菌の特徴!

アクネ菌とマラセチア菌ともに、空気に触れることを苦手とする特徴があり、空気に触れる状態では増殖しづらい。

しかし酸化皮脂や汚れなど、何らかの要因で毛穴がふさがれると、増殖条件が整ってしまう。

アクネ菌、マラセチア菌を含む常在菌は、湿った場所や皮脂を好むため、日中に汗をかいた頭皮の放置、帽子をかぶり続けることで蒸れてしまう頭皮など、これらは格好の繁殖状況。

また、刺激の強い食べ物や脂っこい食べ物は、皮脂分泌を盛んにするため、こちらも原因菌が活発になる要因ですね。

身に覚えのある方はこういった事も改善して、早めに治したいですね。

最後に!

髪のトラブルを抱えている場合、生え際のブツブツした湿疹を早く治すのがM字ハゲの予防にも繋がるため、出来ることなら薬で早く治したいですね。

ただし、その原因となっている可能性が高いシャンプーも同時に見直すべき。

また、湿疹ができやすい体質になっているため、内面的なケアも大切だったりしますが、体質改善は険しい道のりなので、わりと早く効果を出せる正しいシャンプーでブツブツを克服しましょう!

こちらの記事も一緒に読まれています。

頭皮トラブルを招かない3つの習慣!

頭皮が痛くなる人の5つの特徴と原因!

頭皮が乾燥して敏感だと薄毛になりやすい!改善にはこの栄養素!

ホコリアレルギーで頭皮が痛い、痒い!抜け毛を増やさないための対処法!

育毛に悪い接触性皮膚炎による頭皮の痒みや痛み、症状から治療までのまとめ!

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る