夏に抜け毛が増えるのは頭皮の冷えと乾燥が原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏になると「抜け毛が増えてしまう!」、「頭が痒くなる!」そういった症状がある場合は、頭皮の冷えや乾燥が原因かもしれないですね。

だからといって、頭皮をちょくせつ冷やさなければいいという訳ではなく、体内に間接的な要因がある場合が多い。

体内の深部体温を下げてしまう行為は、心臓から遠い手足だけでなく、頭皮の冷えや乾燥を招き、抜け毛が増えたり痒みを引き起こしたりする原因になります。

【広告】

頭皮の冷えや乾燥の原因!

頭皮にあたたかい血液がしっかり行き渡らなければ冷えるのは当然。

何らかの理由で深部体温が下がってしまうと、生命維持に重要な臓器へ温かい血液が集中してしまう。

肩こりや首コリなど、頭皮に血液を運ぶルートが萎縮した状態は、十分に頭皮に血液が行き渡らなくなる。

ストレスや睡眠不良などで自律神経が乱れていても、血管が萎縮した状態にあるため、体全体の冷えを招く。

血流が悪い状態は、頭皮の冷えとともに乾燥も進みます。

十分な血液が届かない状態は、頭皮の潤いを保つ皮下組織にも悪影響。とくにセラミド不足になると、細胞間に隙間ができて水分が逃げて行く。

肌のターンオーバーも乱れてしまい、乾燥肌から敏感肌へ移行してしまう。

 

抜け毛や痒みとなる理由!

夏に抜け毛が増えるのは頭皮の冷えと乾燥が原因?

・頭皮の冷えは、髪の生成工場である毛母細胞の活性を妨げる。

・血行不良は髪の栄養不足を招き、やせ細った髪になる。

・ターンオーバーの乱れは痒みなどの頭皮トラブルの原因となり、抜け毛に繋がりやすくなる。

 

⇒ 頭皮が冷えるとハゲやすい?血行不良と薄毛の関係!

 

頭皮の冷えや乾燥を助長する要因!

・暑い夏は薄着で過ごすことが多く、臓器を冷やしてしまいがち。

・冷たい飲み物、食べ物のとりすぎ。

・夏にとれる野菜や果物、暑い地方でとれるものも、体を冷やす陰性の食べ物が多いため、深部体温を下げる要因。

・冷房が効いた室内も体を冷やし、乾燥した状態。

・暑いときは運動もしないため、体内の血行がどんどん悪くなる。

・湯船につからずシャワーだけで済ますと、深部体温が上がらず悪い睡眠となり、自律神経の乱れに繋がります。

最後に!

暑い夏は毛根にとっても劣悪な条件がそろってしまうため、せめて頭皮だけは冷やさないように注意したいですね。

夏に抜け毛が増えなくても、ダメージは必ず蓄積されているため、秋にごっそり抜けることもあります。

また、痒みなどの頭皮トラブルを招かないためにも、とくに暑い夏は深部体温を下げないように注意しましょう!

こちらも一緒に読まれています。

海水が髪や頭皮に悪影響を与える理由はコレ!

夏は薄毛のリスクがいっぱい、抜け毛を増やす5つの行為!

薄毛・抜け毛の原因にもなる睡眠、これだけは抑えたいポイント!

夏のヘアケア、頭皮ケアにおすすめの商品ランキング!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る