夏は薄毛のリスクがいっぱい、抜け毛を増やす5つの行為!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏は髪や頭皮にとって過酷な季節。楽しい思いをした分だけ、薄毛が進行するといった状態は避けたいものですね。

秋に抜け毛が多くなるのはある意味仕方がないことですが、必要以上に多くなるのは夏のダメージによるもの。

頭皮のダメージは時間差で数ヵ月後の抜け毛の増加となってあらわれるため、その時になって慌てて対策しても抜け毛は減らない。対策の効果は数ヵ月後となってしまいます。

頭皮だけではなく、髪にもヤバイ5つの行為をまとめてみました!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

海やプールの塩分

夏に海水浴やプールに行って思いっきり楽しむのはいいですが、髪にかなりのダメージを与えてしまうため、薄毛なら回数を減らしましょう。

塩分は海だけでなく、プールにも消毒するために塩素剤が入っています。

髪を守っているキューティクルは水に濡れると開くため、そこから髪内部に塩分が入ると、メラニン色素を壊してしまう。

短時間であれば問題にならないが、海水浴やプールでは髪が濡れた状態で長時間過ごすため、髪の水分が奪われてパサパサな髪となってしまう。

また、海水はアルカリ性なのでタンパク質を溶かしてしまう。髪の主成分であるケラチンもタンパク質ですから、髪表面のキューティクルを破壊するため、ダメージヘアとなります。

ちなみにpH 7.0が中性ですが、海水はpH 8.3 ですからアルカリ性です。

⇒ 海水が髪や頭皮に悪影響を与える理由はコレ!

 

強い紫外線

夏は薄毛のリスクがいっぱい、抜け毛を増やす5つの行為!-1

ご承知の通り、体の中でいちばん紫外線をうける髪や頭皮は、強い紫外線の悪影響を受けてしまうため、帽子などで防御することが大切。

肌は紫外線予防をするのに頭皮をさらけ出していては、肌の中でも弱い頭皮が無防備となってしまい、荒れるのはとうぜん。

頭皮の日焼け、血流が悪くなって頭皮が硬くなる、活性酸素がたまり頭皮を老化させるなど、薄毛予備軍であれば薄毛が進行する原因を生み出してしまう。

⇒ 紫外線のダメージが抜け毛・薄毛の原因になる3つの理由!

 

汗が頭皮の雑菌と水分不足を招く!

自分では気付かなくても、夏場の暑いときには常に汗をかいている状態。

適度に頭皮の汗を拭わないと、雑菌が大繁殖して様々な頭皮トラブルの原因になり、毛根にダメージを与えます。

また屋外に出れば、体から汗が噴き出して水分不足になるのは必然。

血液の半分以上を占める血漿(けっしょう)は、90%以上が水分。ナトリウムイオン、塩化物イオン、タンパク質など、様々な成分が血漿に含まれており、体が水分不足になれば不具合が生じます。

血液は不要となった老廃物も運び、腎臓でクリーニングされますが、水分不足になればこの循環機能もうまく働かなくなり、体内に老廃物が溜まってむくみの原因に。頭皮に老廃物がたまれば頭皮のむくみとなります。

 

エアコンの冷風

暑いからといって、エアコンの冷気にちょくせつ当たり続けるのも、頭皮の血行が悪くなり、髪の生成工場である毛母細胞の不活性化を招きます。

またエアコンは湿度も下げるため、効きすぎた部屋で長時間過ごすと頭皮の乾燥も招く。肌に優しい湿度は60~65%、エアコンによる冷房の効いた部屋では湿度が50%を切っていることがほとんど。

頭皮も肌の一部ですから、湿度が50%に下がると頭皮が保持している水分量が半分になってしまう。

適度な潤いのない頭皮は様々なトラブルの原因になるだけでなく、毛根にとっては過酷な状態をつくり出してしまうので、抜け毛が多くなりやすい。

⇒ 夏に抜け毛が増えるのは頭皮の冷えと乾燥が原因?

 

冷たい飲み物、体を冷やす食べ物

夏は薄毛のリスクがいっぱい、抜け毛を増やす5つの行為!

夏に収穫される果物を含む食べ物や、冷たい飲み物は体を冷やすため、頭皮に温かい血液が行き届かなくなります。

体を冷やすというより、深部体温を下げると臓器を守ろうとして温かい血液が生命維持に関わる臓器に集中してしまう。そのため、栄養分を含んだ血液が毛根に行きわたらなくなり、髪の成長に支障をきたします。

また、臓器の中でも肝臓は体内に取り込んだ栄養素をたくわえ、髪の合成に必要な栄養素を送りだす働きがあり、深部体温を下がり肝機能が低下すると、やせ細った髪になってしまいます。

⇒ 肝機能が低下すると薄毛が進む?肝臓と抜け毛の密接な関係!

 

最後に!

薄毛にならないためにも、夏はしっかりケアしておきたいものですね。

髪や頭皮の異常がみられる場合は、ヘアカラーやパーマなどさらに負担となる行為は控えましょう。

痒みやフケが多くなっているのであれば、シャンプーを低刺激なアミノ酸系に変えたり、低刺激な育毛剤を利用したりして、頭皮のダメージを解消してやることも必要。

育毛剤は頭皮環境を整える秀逸な成分がたくさん含まれているため、薄毛でなくても利用する価値は十分にあります。

できるだけ早く解消したい方は「チャップアップ」がおすすめです。

⇒ チャップアップ人気の秘密を配合成分から評価してみた!

1-2

こちらも一緒に読まれています。

頭皮ニキビは髪の成長を阻害して抜け毛を増やす!原因となる8つについて考えてみた

頭が臭くて抜け毛が多い!意外とやっているハゲ確率を上げる6つの原因!

フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

秋に頭皮が痛くなる理由はコレ!対策にはホホバオイルが効果的!?

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る