男性の薄毛15原因についてまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「親がハゲているから自分もやっぱり…」

「最近、髪のボリュームがなくなってきた!」

「生え際が後退してきた!」

など、髪の将来について悲観的になる人もいれば、「ハゲたら剃ればいい!」と楽観的な人も。

考え方は人それぞれなのと同じで、毛根の状態も100人いれば100通りなので、なにが引き金になって薄毛になるのかも少しずつ違う、全ての人が同じ原因で薄毛になるわけではないですね。

例え、遺伝的要因であったとしても、兄弟でハゲとフサフサがいるように、ハゲやすい体質を引きついているだけで、将来同じ結果になるとは限らない。

また、薄毛の改善、進行を食い止めるという場合でも、原因を知り改善することで、得られる幸福感が全く違います。

大切な髪に「さよなら」を告げられる15個の原因についてまとめてみました!

【広告】

1. AGA(男性型脱毛症)

薄毛男性の90%以上はAGAが原因といわれており、生え際やてっぺんといった特定に部位が局所的に薄くなるのが特徴。

円形脱毛症のように、突然毛がなくなるのではなく、徐々に細く短い毛に変化していき、やがて毛が生えなくなります。

当然のことながら、改善するにはその方法も異なってくるので、円形脱毛症なのにAGAと同じ対処では、全く効果はないです。

他にも、「ひこうせい脱毛症」「脂漏性脱毛症」「牽引性脱毛症」などもあり、薬が原因の場合もあります。まずは、自分の薄毛症状を確認しましょう。

⇒ 脱毛症の種類は?症状と原因をまとめてみた!

⇒ AGAの症状は何歳から?年齢と対策でその後の薄毛進行が違う!

2. 頭蓋骨の広がりによる薄毛

薄毛の人の多くは頭皮が硬いですが、頭蓋骨のズレや広がりが原因の場合もあり、それが薄毛につながる場合もあります。

頭蓋骨が広がると頭皮が引き伸ばされて、常に頭皮がつっぱった状態になり、頭部の血流が悪くなります。

長年このような状態が続くと頭皮の厚みは薄くなり、毛根が栄養分を受けとれる必要な深さまで根をはれなくなり、薄毛になるのです。

また、必要な酸素や栄養素を運ぶルートである毛細血管も細くなりやすく、頭皮の保湿を司る皮下組織にまでその影響が及びます。

この場合、整体などで頭蓋骨の矯正をうけて、ズレや歪みを整えることが薄毛改善の近道です。

 

3. 17型コラーゲンの不足による薄毛

2016年に、東京医科歯科大学の研究チームが発表した「加齢による薄毛・脱毛の仕組み」によれば、タンパク質の一種である「17型コラーゲン」の欠損が、毛根の消滅原因と解明。

毛周期により、毛包幹細胞が分裂して毛が生み出されますが、その細胞分裂で細胞が複製される過程で、DNAのダメージや損傷をうまく修復できないと、毛のもとになる幹細胞が皮膚に同化してしまうのです。

つまり、細胞分裂して正常に毛になるか、それとも皮膚になるかは、「17型コラーゲン」の有る無しで決まるのです。加齢により、徐々に薄毛になっていくのは「17型コラーゲン」不足のために起きるのです。

 

4. 男性ホルモンの増加による薄毛

男性ホルモンそのものが薄毛の原因になるのではなく、5αリダクターゼの働きにより、男性ホルモンがDHTに変化すると、毛周期を短縮させてしまい、脱毛に至るのです。

ですから、男性ホルモンで薄毛になるというのは、半分あたっていて半分は間違い。

「男性ホルモンが多い人ほど薄毛になりやすい」といわれていますが、単純に【男性ホルモン増】イコール【薄毛】ではないです。

例えば、筋トレは男性ホルモンを大量に分泌しますが、必要だから分泌されるのであって、運動することによって必ず男性ホルモンは消費されるのです。

ただし、男性ホルモンの分泌量と男性ホルモンの消費量のバランスが崩れると、余った男性ホルモンがDHTに変換されることもあり得ることです。

DHTに変換されるかどうかは、持って生まれた体質によるので、判断が分かれるところですね。

⇒ 抜け毛、薄毛の原因にもなる過剰な男性ホルモンを減らすおすすめの方法!

5. 強いストレスによる薄毛

プレッシャーから強いストレスを感じると、「自律神経」や「ホルモンバランス」の乱れとなり、「睡眠障害」「血行不良」「内臓機能の低下」など、生命活動が低下してしまいます。

しかし、常に強いストレスが生じる環境に慣れてくると、思考レベルでは問題と感じなくても、身体は確実に悲鳴をあげています。

その身体の危険な状態を知らせるために、脳は偏頭痛や胃痛、不眠症やうつなどの症状を起こし、シグナルを送るのです。

たいていの場合、身体のいちばん弱い部分に不調のサインとしてあらわれるため、抜け毛や薄毛になる可能性も十分にあります。

⇒ ストレスが髪をダメにする!育毛に待ったをかける5つの原因!?

6. コンビニ食や外食が多いことによる薄毛

コンビニ食でとくに悪いのが揚げ物。コストを下げるためというわけではないでしょうが、使い回しのサラダ油でつくられた揚げ物は、薄毛食品です。

なぜなら、サラダ油は熱に弱く酸化しやすいという特徴があり、体内に入ると細胞膜を硬くしてしまい、肌の弾力性や保湿性を奪ってしまう。

新陳代謝も悪くなり、動脈硬化や認知機能の低下にもつながる。酸化した油をとり続けると細胞活動が低下し、肌がカサカサになり老化現象を進めてしまいます。

また、外食が多いとどうしても栄養が偏りがち。糖分や塩分はもちろん、脂質や食品添加物が多いため、体内の栄養素がこれらの代謝に消費されて、ハリのないやせ細った毛が多くなります。

 

7. 不規則なライフスタイルによる薄毛

髪がもっとも成長しやすい時間帯は、22時から2時頃といった情報をよく見かけますが、これは正しいのでしょうか?

これも男性ホルモンと同じで、その時間に眠れば良いというものではないため、半分は正しいですが、半分は間違いですね。

なぜなら、夜勤でその時間に働いている人が全て薄毛ではないから。

髪が成長するのは、睡眠中に分泌される成長ホルモンの刺激により、髪の成長に関わるホルモンが大量に分泌されるため、多くの人が眠っている時間帯である22時から2時頃にもっとも髪が成長するといわれているのです。

この成長ホルモンをすっ飛ばして、眠る時間帯だけ気にしても、元気な髪が育つわけではないです。深く眠るに比例して、成長ホルモンの量は増えるため、時間帯を気にするより、より良い睡眠に心がけるべき。

さらに成長ホルモンは、就寝3時間以内にもっとも多く分泌されるという特徴があり、昼夜逆転生活をしている夜勤の人でも、眠りはじめの3時間に深く眠れば元気な髪が育ちます。

⇒ 睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因!ハゲないための短眠とは?

8. まったく運動しないと薄毛

男性の薄毛15原因についてまとめてみた!-8

まず、運動しないと体中の血液循環が悪くなり、代謝もうまく行かなくなるので、髪にとっては過酷な状態を与えてしまいます。

ヒトの体は筋肉が収縮することで、血液の流れを助けているため、頭皮の毛細血管の末端部まで流れにくくなって、ゴースト血管が増えます。

いわゆる毛細血管が消滅するというやつですね。

毛根は毛細血管から栄養分を受けとているため、全く運動をしないことでどんどんゴースト化が進めば、髪は抜け落ちてしまいます。

もう一つは、運動をすることで消費される男性ホルモンが消費されないため、過剰になった男性ホルモンがDHTに変換され、AGAの症状が強くでる恐れもあります。

確実に男性ホルモンを消費するには、筋トレなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

⇒ 育毛には軽い運動がベスト!激しい運動はハゲを加速するって本当?

9. 飲酒による薄毛

男性の薄毛15原因についてまとめてみた!-9

適度なアルコールは、血流がよくなり体内の毒素の排出も助けますが、過剰飲酒と飲む時間に注意しないと、抜け毛を増やします。

アルコールは肝臓で解毒され、尿として排出されるため、肝臓に負担をかけ過ぎれば、髪が栄養不足となります。

なぜなら、肝臓には体内の栄養素をたくわえ、必要に応じて血中に栄養素を放出するという働きもあるから。とうぜん髪の栄養素も肝臓から放出されるため、必要以上に肝臓に負担をかけ、肝機能低下を招くと髪がうまく生成されなくなります。

また、就寝3時間以内の飲酒は、髪がもっとも成長する時間帯に悪影響をもたらします。

なぜなら、アルコールは飲酒3時間後にアルデヒドという毒素にかわるため、肝臓がこの毒素の代謝に追われて、髪の栄養素を送り出せないだけでなく、臓器が働いていると成長ホルモンが減少してしまうため。

寝る直前まで過剰な飲酒が日常茶飯事になっていると、わざわざ自分で薄毛を助長しているようなものです。

⇒ 酒は抜け毛を増やす!アルコールが薄毛を加速させる3つの理由!?

10. 喫煙による薄毛

「タバコは百害あって一利なし!」なので、薄毛を助長するのは当然。

中でも、細胞活動を低下させる活性酸素を大量に生みだしてしまうため、頭皮の保湿や免疫力の低下につながり、髪が生えづらい頭皮になります。

活性酸素は脂質と反応することで、過酸化脂質を増加させてコレステロールを増やして血流を阻害します。

とはいっても、タバコが止められないと悲観的になることはなく、喫煙者でフサフサな人がいるのも事実ですから、育毛に悪い行為をいくつか止めて、改善すれば喫煙だけで薄毛になるということはないです。

⇒ タバコはどのくらい髪に悪いのか?ハゲとの関係を考えてみた!

11. 眼精疲労による薄毛

眼と髪は全く関係ないように思われがちですが、肩や首が凝ってくるのと同じで、頭皮の血流が悪くなります。

スマホやゲームをしていると、眼が疲れて凝ったような感覚になるのが眼精疲労。それが肩や首のコリになるのは、血流やリンパの流れが悪くなるから。

肩や首ならコリとして症状があらわれますが、頭皮は硬くなることはあっても気付かないですから、抜け毛が増えてから慌てるケースがほとんど。

頭皮に血液が運ばれる道中の肩や首が血行不良では、その先の頭皮だけ血液循環が良いということはないですから、毛根に栄養分が行き届かなくなり、毛包が萎縮してしまいます。

さらに眼精疲労の状態が続くと、角膜の修復に「ビタミンB群」や「L-システイン」といった栄養素が大量に消費されてしまう。

これらの栄養素は、髪の主成分である「ケラチン」の合成に不可欠な栄養素なので、髪全体のボリュームダウンにつながります。

スマホやゲーム、パソコンを長時間みるなら、適度に休憩をはさみましょう。

 

12. 自分に合わないヘアケア商品による薄毛

シャンプーやコンディショナー、育毛剤やトニックなど、ヘアケア商品といってもたくさんありますが、誰かが良いと言っているからといって、自分にも良いとは限りません。

「プツプツした湿疹ができた」「何となくかゆい」「頭皮がカサついてきた」など、肌の体質は人それぞれなので、合わない商品を使い続けていると、毛根にダメージを与え続けているのと同じ。

もっと言えば、体質は加齢によって変化していくため、以前は良くても今はダメということも。頭皮が悲鳴を上げてから気づくでは、すでに毛根へのダメージはMAXですから、改善に時間がかかります。

ネット上には正しくないことも含めて、色んな情報が飛びかっているので、自分にとって本当にプラス効果なのか、鵜呑みにせず見極める力も必要です。

 

13. 紫外線による薄毛

男性の薄毛15原因についてまとめてみた!-13

秋に抜け毛が増えるのは、夏の強い紫外線のダメージというケースもあります。

頭皮は髪に覆われていても、帽子などで対策していなければ、肌より強い紫外線をもろに受けており、やけどのように日焼けした状態。

また体内では、細胞をサビさせる活性酸素が増えてしまうため、日焼けにより肌老化が進むのはこの為。この老化が頭皮に起きれば、カサついた不毛地帯になりかねないです。

毛根奥の毛母細胞も元気をなくしてしまうため、毛包がどんどん萎縮してしまう。

さらに最近分かってきたことは、紫外線を浴びると男性ホルモンが増えるということ。過剰な男性ホルモンは、男女どちらにとっても脱毛につながります。

頭皮に紫外線を直接浴びないように心がけましょう。

⇒ 紫外線のダメージが抜け毛・薄毛の原因になる3つの理由!

14. 冷え性による薄毛

最近、問題となっているのが手足の冷えが気になる末端冷え性。とうぜん頭皮も心臓から遠くはなれた末端部ですから、手足が冷えているなら同様に冷えています。

さらに悪い事に、夏場でも冷風を直接うける機会が多いですから、髪の生成の関わる細胞活動が低下して、薄毛に繋がりやすくなります。

そもそも末端部が冷えるのは、内臓を冷やしすぎるから。内臓が冷えると生死にかかわるので防衛本能が働き、あたたかい血液が内臓に集中してしまうために起きます。

暑いからといって、冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、抜け毛が増えるのはこの為。毛根に栄養分が行かなくなるのですから、この状態が続けば薄毛に繋がるのは必然ですね。

内臓を必要以上に冷やさないことを心掛けましょう。

⇒ 冬に抜け毛が多いのは末端冷え性のサイン?髪にダメージを与える原因はこれ!

15. 髪がベタつくためにシャンプーをしすぎて薄毛

男性の薄毛15原因についてまとめてみた!-15

髪がベタついて臭いと、どうしてもシャンプーの回数を増やしたり、洗浄力や清涼感の強いシャンプーを使ったりします。

必要以上にきれいにし過ぎて、必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまうと、さらに皮脂分泌が増えてしまう。増えすぎた皮脂は、かたい酸化皮脂となり毛穴をつまらせる原因にもなり得ます。

そもそも皮脂は、頭皮を紫外線やバイ菌から守るため分泌されるものなので、朝シャンプーして無防備な頭皮を紫外線にさらせば、相当なダメージを受けます。

1日に夜一回シャンプーするのがいちばん良い。1日に何回もシャンプーすれば、それだけすすぎ残しも増えて頭皮トラブルにつながりますし、スースーした清涼感は、かゆみを抑える以外に何のメリットもない。逆に、頭皮に刺激を与えて皮脂分泌の増加につながります。

最後に濡れた髪の放置もNGですよ。

⇒ なぜ朝シャンで抜け毛が増えるのか?薄毛予備軍なら控えるべき3つの理由!

まとめ!

薄毛男性の場合、AGAがほとんどといっても、複合的要因が複雑に絡み合って起きているため、思い当たることがあるなら一つずつでも改善してはいかがですか。

ただ、すでに起きてしまっている症状を改善するには、風邪をひいたなら風邪薬を飲むのと同じで、育毛剤や育毛サプリの助けも必要。

現在、もっとも多くの人に支持されているのが、薬局などでは購入できないチャップアップイクオスです。

他の育毛剤も比較したいという人は「育毛剤ランキング!」も参考にしてください!

⇒ おすすめ男性育毛剤比較ランキング!

また、薄毛症状が進んでいる人は、育毛剤を利用しても満足いく効果を得られないこともあり、薄毛治療に特化したAGAクリニックがおすすめです。

クリニックというと、通院するのがイヤという人もおられるでしょうが、湘南美容外科クリニックなら、一度診察を受けるだけで、その後は通院なしというシステムもとっているので、費用も抑えられますし、全国展開しているので、リアル受診でもお近くのクリニックで受けられます。

他のAGAクリニックも比較したいという人は「AGAクリニックランキング!」も参考にしてください!

⇒ 薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

こちらもあわせて参考にしてください!

チャップアップのおすすめ9理由を2年目の経験から辛口にレビュー!

イクオスを5ヵ月使用、医薬品より安全な理由と副作用を紹介!

AGAクリニックで無料カウンセリングを複数受けることの3つのメリット

薄毛・AGA治療専門クリニックではどんな治療をするの?費用は?

薄毛治療で失敗しない為に知っておきたい7つのポイント

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る