ヘアカラー剤による頭皮の痛みと抜け毛、育毛に大切なのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カラーリングは、髪を傷めて頭皮にもダメージを与えるのでよくない。しかし、メリットもあるので、たくさんの方が髪を染めますね。

大事なのは、髪や頭皮に極力ダメージを残さないこと。育毛の視点からすれば、染めないほうがいいですが、白髪が多いと薄毛頭が目立ってしまい、それがストレスとなるので、うまくカラーリングを利用したいものです。

髪や頭皮に与えるダメージを減らすために、大切なことをまとめてみました!

【広告】

ヘアカラー剤は頭皮に痛みを感じやすい!

カラーリングで頭皮の痛みを感じる人は意外に多いです。とくに皮膚の弱い人やアレルギー体質の人は頭皮が敏感なので、すこし頭皮にヘアカラー剤がついただけでも、刺激が負担となり痛みやかゆみを感じやすい。

また、その日の体調や頭皮の状態によって、普段はなんともないのに痛みを感じる場合があります。

例えば頭皮が日焼けした時は、頭皮が荒れているのでちょっとした刺激でも、2~3日痛みが続くことも。風邪気味で体調がすぐれない時も、痛みを感じたりします。

死亡例もある染毛剤の事実はこちら

⇒ 抜け毛が深刻化するヘアカラー!意外と知らない皮膚障害の事実!

 

頭皮に痛みを感じると抜け毛が増える!

ヘアカラー剤による頭皮の痛みと抜け毛、育毛に大切なのはコレ!-1

人によっては抜け毛に影響しないかもですが、私の場合は確実に抜け毛が通常の1.5倍以上になります。また、強烈なかゆみに襲われることも。

抜け毛は身体の不調のサインであったりしますから、肝機能が低下しても抜け毛が増えることがあります。頭皮が痛いこと自体、毛根にストレスを与えているので、薄毛予防には毛根にダメージを蓄積させないことが大切です。

 

カラーリングの注意点!

・自宅で染めるのではなく、プロに染めてもらう。

頭皮につけずに髪を染めるのは、プロでも難しいといわれているので、素人が行えばヘアカラー剤が頭皮にべったりついて、そのダメージは相当なもの。

ただ、プロなら大丈夫かといえば、技術はそれぞれですからいつも痛みを感じるのであれば、ヘアサロンを変えてみる必要があるかもです。

・ヘアマニキュアがいちばん髪のダメージが少ない。

髪の負担がいちばん少ないのはヘアマニキュアです。ただし、市販のヘアマニキュアは別物なので注意。

また、痛みがなくても切れ毛が多くなったり、髪がボソボソになっているようなら、色落ちが早いといったデメリットがありますが、ヘアマニキュアがおすすめです。

・カラーリングの頻度を少なくする。

これはもうそのままですね。出来る限りですが…。

 

頭皮に痛みが生じた場合!

ダメージを蓄積させないことが育毛には重要ですから、頭皮に痛みが生じてしまった場合はさらにダメージを与えないことですね。

・刺激の弱いシャンプーを利用する。

ヘアカラー剤の刺激で傷んでいる頭皮に、市販のシャンプーを使えば、さらに刺激を与えてしまう。洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーがおすすめ。

・リンスやトリートメントを避ける。

頭皮が痛いということは、毛根にダメージを与えているので、リンスやトリートメントが頭皮に残れば毛穴周辺に打撃を与えてしまい、さらに毛根のダメージが蓄積される。

・湯船にゆったり浸かる。

少しぬるいお風呂に10分以上浸かると、体が温まり基礎代謝があがって、老廃物と同時に発痛物質もとり除くことができ、ダメージが軽減する。

 

最後に!

薄毛や育毛のためには、カラーリングは避けるべき行為ですが、大切なのはすこし先の5年後、10年後のことを考えて、髪や頭皮にダメージを蓄積させないことです。

ネット上には、いろんな情報が混在しているので、間違った事がかなり多いように感じますから、正しい育毛知識を仕入れて行動することが、育毛には重要なことですね!

こちらも一緒に読まれています

フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

抜け毛、かゆみが治まらない場合は頭皮の病気も疑ってみよう!

育毛に悪い接触性皮膚炎による頭皮の痒みや痛み、症状から治療までのまとめ!

ホコリアレルギーで頭皮が痛い、痒い!抜け毛を増やさないための対処法!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング!
女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング!初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!
薄毛治療・発毛治療におすすめの病院(クリニック)を比較!

Archives

ページ上部へ戻る