頭皮神経痛の解消に効果があった意外な改善法!

頭皮神経痛のピリピリとした痛みは厄介ですね。経験があれば誰もが抜け毛がドンドン増えるのでは?と、思うこの痛み。

酷くなると、頭皮に触れるだけで痛いですから、シャンプーが苦痛の時間になったりします。

最近は、後頭神経痛とも呼ばれているこの頭皮神経痛の症状を訴える方が増えています。2年間くらい私もその一人でしたが、ようやく逃れられたようです。

私が頭皮神経痛を改善できた方法は、自分でも「なぁ~んだ」といったことですが、実際に改善できたので、同じ悩みを抱えている方は試してみる価値はあると思います。

また、「頭皮がピリピリ、チクチクするのは帯状疱疹かも?その症状と疑いのある人!」こちらの可能性もあるので、「頭皮神経痛とは少し違う」と感じたならあわせて参考にして下さい!

【広告】

私の頭皮神経痛の症状!

私の場合、頭皮神経痛の症状がでるのは季節の変わり目。とくに3~5月が酷く、風で髪が逆立つとピリっと、電気が走ったように頭皮が痛みます。

元々、花粉症もちのアレルギー体質なので、そういった事も影響しているとは思いますが…。

普段からまったく運動しないうえ、喫煙者で睡眠時間も短いですから、育毛の観点からしても悪い習慣ばかりです。

アレルギーによる頭皮の痛みや痒みの詳細はこちら⇒ ホコリアレルギーで頭皮が痛い、痒い!抜け毛を増やさないための対処法!

実際に改善効果があったと思う行動!

頭皮神経痛の解消に効果があった意外な改善法!-1

頭皮神経痛の改善のために行った事ではなく、育毛のためにウォーキングを始めたのですが、これが頭皮神経痛に効果があったようです。

1月からウォーキングを始めて、いつもの年なら3月頃から頭皮に痛みが走るのですが、今年はまったく頭皮が痛くない。4月になっても全然平気でした。

ウォーキングを始めると同時に禁煙もしましたが、おそらくウォーキングに効果があったと思っています。

代謝をあげて頭皮神経痛を改善!

ウォーキングによって、血液の流れが良くなり代謝が上がることで、老廃物を体外に出すと同時に、発痛物質も取り去ることが出来たようです。

禁煙したことでさらに改善効果を高めたかもですが…。

有酸素運動のメリット!

なぜ、育毛のために有酸素運動であるウォーキングを始めたかといえば、下記の効能があるからです。

血流が良くなり頭皮の毛細血管まで血液が行き渡る。

新陳代謝を高める。

有酸素運動によって、血中の男性ホルモンを減らすことが出来る。

精神的なストレスの緩和

全身の機能が向上する。

 

有酸素運動によって、これだけの効能が得られるのですから、髪や頭皮にトラブルを抱えているのであればおすすめ。ただし、頭皮神経痛の原因は人それぞれなので、改善できる保証はできませんが、やらないよりはマシだと思います。

ウォーキングのポイント!

どうせ始めるなら、効果的なウォーキングをするべきですね。無理をすれば、3日坊主になりかねないので、最初は疲れない程度の距離から始めることが大切。

朝10時までに行うことで、メラトニンの関係から質の高い睡眠を得られやすい。

ウォーキングの理想的な時間は20分以上。

早歩きで、歩幅は普段の1.5倍にすると運動量が多くなる。

習慣付けることが大切。

最後に!

私に限った事ではないと思いますが、頭皮神経痛は代謝が下がることで生じやすくなると勝手に考えています。

疲れやストレスでも代謝が下がりますし、季節の変わり目でも体が順応できなくて下がりやすくなります。ですから、意外と的を射ていると思います。よろしければ参考にして下さい!

また、頭皮神経痛の原因と対処法はこちら⇒ 頭皮がピリピリする頭皮神経痛の原因と対処法!

様々な頭皮の痛みについてはこちら⇒ 頭皮が痛くて抜け毛が多い!5つの原因と対策

こちらも一緒に読まれています

フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

抜け毛、かゆみが治まらない場合は頭皮の病気も疑ってみよう!

ヘアカラー剤による頭皮の痛みと抜け毛、育毛に大切なのはコレ!

育毛に悪い接触性皮膚炎による頭皮の痒みや痛み、症状から治療までのまとめ!

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞 育毛剤イクオス

ピックアップ記事

関連記事一覧

【大島義行】
薄毛を感じ始めてもうすでに10年以上。PDCAサイクルを回しながら髪に良いことをいろいろ試してきました。その結果、今があるので、薄毛は諦めないことが「大切」を痛感しています。コンプレックスは、過去の行動が生み出しているにすぎないので、可能な限り育毛経験をシェアします!