頭皮がピリピリ、チクチクするのは帯状疱疹かも?その症状と疑いのある人!

頭皮の「ピリピリ」「チクチク」に悩まされていないですか?

もしかしたら「帯状疱疹」かも知れません。

場所が頭だけに、大病が潜んでいるリスクがあり、病院でしっかり検査してもらうことをおすすめしますが、その前に帯状疱疹の可能性も疑って、どのような症状なのか確認してみましょう。

頭皮の痛みの原因は、医師でもなかなか見分けにくいといわれており、自分であるていど目星をつけておけば、早く特定できます。

また、髪の悩みを抱えている人は、放置すれば抜け毛の増加にもつながりかねないので、頭皮のピリピリ、チクチクを放置しないほうが賢明です。

帯状疱疹とは?

帯状疱疹とは、「水ぼうそう」ウィルスである水痘帯状疱疹ウィルスが原因で発症します。

ほとんどの人が小さい頃に水ぼうそうを発症しますが、完治した後もそのウィルスは体内に潜伏し続けます。

そして体の抵抗力が低下してくると、再び活発になり帯状疱疹を発症させます。

なので、男女問わず抵抗力が落ちてくる60代以降に多く見られるのですが、若くても過度なストレスや睡眠不足など、抵抗力が落ちてくると発症に至ります。

帯状疱疹は体のどこにでも起こり得るため、頭皮にも症状があらわれることもあります。

頭皮に赤いブツブツや水疱ができるのが特徴ですが、神経の炎症も伴うため、初期症状では髪に触れただけでもピリピリと痛みが走ります。

帯状疱疹の症状の特徴!

帯状疱疹は、必ず体の左右どちらか一方に症状があらわれるのが大きな特徴。

頭皮のピリピリする痛みは、一般的に「頭皮神経痛」と混同されがちですが、頭皮神経痛の場合、左右どちらか一方だけ痛みを感じるということはないです。

だれでも齢を重ねると皮膚のバリア機能が低下し、保湿が失われるため、乾燥から皮膚炎を起こしやすくなるうえ、糖尿病などでもかゆみや痛みをともなう湿疹が出やすいため、赤いブツブツだけでも見分けるのは難しいです。

初期症状では痛みしかなくても、日にちが経てば痛みがあるところに赤いブツブツや水疱ができますが、「左右どちらか一方だけ」というのが大きな特徴です。

帯状疱疹は早期発見、早期治療が大切!

一般的には、帯状疱疹は自分では判断しにくい病気。

頭部の痛みは頭痛と間違えることがあり、赤いブツブツを見つけて、受診するケースがほとんどです。

しかし、早期治療が完治を早めますし、その後の痛みも残らなくて済みます。

痛みのもとは、ウィルスがすでに神経節を損傷しているためなので、理由が分からない急な痛みを片側だけに感じたら、まず皮膚科を受診するのが最善の策です。

最後に!

帯状疱疹の治療は、「抗ウィルス薬」の内服を用います。

しかし、重症化すると入院して抗ウィルス薬の点滴となる場合もあり、これはこれで大変ですが、長引くと治ったあともピリピリした痛みに襲われます。

痛みの後遺症が残ると眠れなくなるケースもあり、間接的に育毛を阻みますし、その痛みが毛根のストレスともなり得るので、疑いがあれば早めに皮膚科の受診をおすすめします。

帯状疱疹の疑いのある人の特徴!

・左右どちらか一方の頭皮だけピリピリ痛みを感じる人

・ストレスをため込んでいる

・睡眠不足などで免疫力が低下している

・痛みがあるところから皮疹がでている

また、様々な頭皮の痛みについて、 頭皮が痛くて抜け毛が多い!5つの原因と対策」「頭皮が痛くなる人の5つの特徴と原因!」でも紹介しているので参考にして下さい!

こちらも一緒に読まれています

頭皮ニキビは髪の成長を阻害して抜け毛を増やす!原因となる8つについて考えてみた

ホコリアレルギーで頭皮が痛い、痒い!抜け毛を増やさないための対処法!

フケと抜け毛が止まらない、フケの種類から原因を特定しよう!

抜け毛、かゆみが治まらない場合は頭皮の病気も疑ってみよう!

ヘアカラー剤による頭皮の痛みと抜け毛、育毛に大切なのはコレ!

育毛に悪い接触性皮膚炎による頭皮の痒みや痛み、症状から治療までのまとめ!

今から育毛スタート  育毛剤イクオス

今月の人気記事

関連記事一覧

【大島義行】
薄毛を感じ始めてもうすでに10年以上。PDCAサイクルを回しながら髪に良いことをいろいろ試してきました。その結果、今があるので、薄毛は諦めないことが「大切」を痛感しています。コンプレックスは、過去の行動が生み出しているにすぎないので、可能な限り育毛経験をシェアします!