出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

妊娠中はツヤがあってきれいな髪だったのに、出産をさかいにパサパサ、ゴワゴワといった感じになってしまった。

こうした髪の傷みを感じる女性が多いのは、女性ホルモンの分泌量の急激な変化によるもの。

妊娠中は女性ホルモンが多くなりツヤのある美髪を促しますが、出産後に一気に元の分泌量に戻ってしまうため、ほんらい妊娠中に抜けるハズだった髪が、産後に一気に抜けるとともに、髪の傷みも目立ってしまう。

出産を機にその差が顕著にあらわれる事もあり、ビックリされる人も多いですが、女性ホルモンの分泌量の変化により、髪質も変化してしまっただけの事。

悩みすぎたり毛根にダメージを与えたりしなければ、早い人なら6ヵ月、遅い人でも1年もすれば元に戻ります。

しかし、出産を機に髪質が変わってしまい、元に戻らない人がいるのも事実ですし、長引かせない為にも産後の頭皮ケア、ヘアケアは重要です!

【広告】
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

ヘアカラーやパーマは控える

%e5%87%ba%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%91%e3%82%b5%e3%83%91%e3%82%b5%e3%81%ab%e5%82%b7%e3%82%93%e3%81%a0%e9%ab%aa%e3%82%92%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%80%81%e7%be%8e

傷んだ髪をごまかすという意味では有効な手段ですが、ただでさえ毛根奥の毛母細胞が元気をなくしている状態なので、ヘアカラーやパーマを産後は出来るだけ控えたほうがいいですね。

頭皮が出産前より荒れやすくなっていますし、以前は大丈夫でもアレルギー体質に変わる場合もあるため、髪質が戻らない原因になることもあります。

⇒ 抜け毛が深刻化するヘアカラー!意外と知らない皮膚障害の事実!

しっかり栄養を摂る

出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!

体内に貯蓄された栄養素は、生命維持に必要なところから優先的に使われるため、髪にまわる栄養素は残り物。体重が増えたからといって、食事制限すると髪のツヤが戻るまでさらに長引きます。

とくに髪の合成にはタンパク質や亜鉛、ビタミンB6、B12が必要。

しかしバランスも大事なので、必要量をとろうとしても難しいですから、サプリメントの利用が効率的。

女性用の育毛サプリであれば、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれている場合が多いため、間接的に女性ホルモンの作用が補えます。

 

しっかり睡眠をとる

%e5%87%ba%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%91%e3%82%b5%e3%83%91%e3%82%b5%e3%81%ab%e5%82%b7%e3%82%93%e3%81%a0%e9%ab%aa%e3%82%92%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%80%81%e7%be%8e

髪が成長するのは睡眠中ですし、ストレスを緩和させてくれるのも睡眠。しっかり睡眠をとりたいが、赤ちゃんに振り回されるので、身体はどんどん疲弊していきます。

自分のペースで睡眠がとれないから、疲れがたまってストレスもたまる。ただでさえ、女性ホルモンが減少していく時なので、自律神経まで乱すと肌が荒れるとともに、髪や頭皮にも同様の事が起きます。

思い切って、赤ちゃんが眠っているときは昼夜問わず一緒に熟睡する。

髪の成長や肌を修復する成長ホルモンは、眠りはじめの3時間にもっとも分泌されるため、昼夜問わず短時間睡眠でも深く眠れば、髪や肌はダメージを受けません。

軽い運動を習慣付ける

出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!

赤ちゃんの首が座るまではなかなか外出できないため、運動不足で体重を減らしたくても減らないですね。

しかし、探せば意外と室内でできる運動はあるもの。ストレッチ、踏み台昇、フラフープ、もも上げ運動など。

自身の深い睡眠の助けにもなるため、習慣付けることが大切。ダイエットにもなり、自律神経を乱さない為にも最適。

外出できるようになれば、毎日おなじ時間に太陽の光を浴びましょう。生活のリズムができて、赤ちゃんの睡眠にもリズムができるだけでなく、自分にとってもたくさんのメリットがあります。

頭皮ケア(育毛剤、シャンプー)

出産後のパサパサに傷んだ髪を改善するため、美髪が欲する5つの事!-5

さらに髪というより頭皮ケアにも注力すれば、妊娠前の状態の髪をはやく取り戻せます。

お顔のケアはするのに、頭皮ケアをおこたる人が意外と多い。頭皮も顔と一枚の皮でつながっているので、頭皮がゆるめば顔も緩み、お顔が荒れていれば頭皮も似た状態。

産後は特にシャンプーや育毛剤で頭皮ケアに心がけましょう。

髪は死んだ組織なので、すでに傷んでしまった髪がよみがえることはない。トリートメントやコンディショナーで、髪をコーティングしてごまかす事ばかりに目を向けていては、薄毛の原因になります。

 

最後に!

栄養や頭皮ケアは、サプリメントや育毛剤などで簡単に対応できますが、睡眠や運動は日ごろの努力が必要。

どうしても無理な人は、以前の自分の髪を取り戻すために、サプリや育毛剤だけでもとり入れてはいかがですか?

こちらも一緒に読まれています

意外と知らない出産後に抜け毛が酷くなる原因!

頭皮のむくみ改善に「氷酢玉ねぎ」が超簡単でおすすめ!

育毛サバ缶レシピ13選!髪のトラブルには育毛サプリより効果的かも?

育毛レシピ!ちょい足しするだけで髪が元気になる食品ランキング!

育毛レシピ厳選11品!誰でも簡単にでき食卓に1品加えられる

黒酢の育毛効果とは?豊富なアミノ酸と神経細胞の強化!

ルイボスティーが育毛に効く!脱毛・白髪の改善効果を考察!?

この記事の著者

大島

大島遺伝からのハゲ対策で育毛中

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ男性育毛剤比較ランキング! 女性に優しいおすすめ育毛剤比較ランキング! 初期の薄毛男性におすすめ、育毛サプリ比較ランキング!

Archives

ページ上部へ戻る